慣れるまで大変!トラックドライバー未経験からの転職

近頃僕の勤めている運送会社に、トラックドライバー未経験で入社をしてくる人が多いです。

トラックは大型ですのでみんな慣れるまで苦労しています。


スポンサーリンク


なぜトラックドライバーに転職するの?

トラックドライバーに転職する人の多くは高収入を求めて入社します。

中には以前勤めていた業界が厳しい状況にあったことも理由の一つです。

安定した仕事と給料を得るために運送業界を訪れるのです。

その一方で、入社してみると過酷な労働環境で、一人り立ちする前にトラックドライバーになること自体をあきらめる人も多いと思います。

入社してすぐは先輩ドライバーに同行して仕事を教えてもらい、運転の技術を学んだりする時間があります。

運送業界ではこれを横乗り期間と言います。

横乗り期間はどのくらい?

未経験

横乗りの期間は仕事の内容でよりけりですが、だいたい1週間から1か月はかかります。

仕事の内容が難しければ、自然と横乗り期間は長くなると思っていいでしょう。

しかし、現在運送業界は人手不足です。

ごく稀ですが、短期間で横乗りを済ませ、会社からすぐに一人で現場に放り出されることもあるでしょう。

僕がやっている仕事、大型トラックを使った路線ドライバーで、佐川、西濃の仕事をやろうと思えば、最低でも2週間から1か月はかかります。

運送業界未経験の方には、比較的に難しい仕事内容です。

2トンや4トンのルート配送では1週間ほどで済むでしょう。

トラックドライバーは物を運ぶ仕事ですので、もちろん力も使います。

作業時間が長ければ持久力も必要になってきます。

体力に自信のない方はフォークリフトの免許を取得し、基本体力を消耗しない仕事を選んだ方がいいと思います。

トラックの運転に関してですが、これはセンスが大きく関係します。

仕事はできるが運転がダメではもちろん一人立ちすることできません。

大型トラックを乗りこなすのに半年かかった未経験者もいました。

横乗り中は給料も安いのでここは頑張って早く乗り切りたいところです。

トラックドライバー未経験者は事故を起こす

僕の運送会社ではトラックドライバー未経験者が多くいます。

その7割の人間が事故を起こしています。

今の所は大きな事故はありませんが事故は事故です。

トラックの修理費で給料の手当てをカットされることも。

道路状況など、毎日同じじゃないので、経験が浅い分対応できていないのだと思います。

事故を起こさないように自分でできること

まずは当然ですが安全運転を心がける。

トラックドライバーにとって運転中は誰にも気を使うことはありません。

ついつい油断をして事故を起こすことが多いです。

ハンドルを握ったら油断大敵!!気を引き締めていきましょう。

バック中の事故も多いですが、バックする際は一度トラックから降りて駐車位置を確認するようにしましょう。

僕は現在14年間無事故です。

【トラック運転手】僕が14年間無事故であ​る理由

まとめ

トラックドライバーに転職するには体力と運転センスが必要です。

しかし、両方とも自分の努力次第で克服できます。

未経験歓迎の求人も多くあるので、事故だけ起こさないように

気を付けて下さいね。

スポンサーリンク









関連する記事をランダム表示



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

trucker

現役のトラック運転手という立場から、この職業の働き方を考え、ブログにかいています。無事故14年継続中!!トラックドライバー総合情報サイトブルルでもブログをかいています。