引っ越し作業員の適当な仕事に呆れた、養生ぐらいしろや!!

どうもtruckerです。

先日僕の親戚が引っ越しをすることになり、手伝いで呼ばれたのでいってきました。

引っ越し自体は業者に頼んでいたので、引っ越し先の片付けから参加しようといったのですが、引っ越し業者の適当な仕事に呆れてしまいました。


スポンサーリンク


部屋を養生しないってどういうことよ??

僕の親戚の引っ越し先は、まだまだ新しいマンションで、エントランスなんかもすごく綺麗でした。

僕が到着した時はまだ搬入の途中でしたので、共用部分の養生などしっかりしてある状態でした。

ですので、元引っ越し屋の僕としては、もちろん部屋もしっかり養生してるんだろうと思っていたんです。

でも、部屋にいきそこで見たものは想像とはかけ離れていたものでした。

なんと、玄関の扉のみ養生して、あとはマットが一枚敷いてあるだけだったんです。

引っ越しの荷量も4トンいっぱい分あり、荷物のいききもかなり多いのに、通路も何も養生していなかったんです。

trucker
おいおい、お前ら適当な仕事してんじゃねーよ

と思いましたが、まー作業員の雰囲気が良かったので僕は口出ししませんでしたが……。

それにしても、よっぽどの荷物で部屋を傷つけない自信があるのか、ただのバカなのか……。

引っ越しの見積もり料金のところには、養生料金しっかり記載されており、頭のいいお客であれば、値引きを迫られても文句言えません。

引っ越しというサービスの価値

引っ越しを経験された方なら分かると思いますが、引っ越しは業者を決めるにあたり、相見積もりを取ることが主流ですよね。

見積もりに来てもらい、営業マンの説明や料金で業者を決め、お金をいくら払うかということが確定しています。

いってみれば、まだ見ることのないサービスに対してお客さんはお金を払うわけです。

だから、引っ越しの作業員がその当たり前にする作業を面倒くさがってやらないとういうことは、その時にきた営業マンを裏切ることになるし、お客さんを騙したことにもなります。

いうたら詐欺です。

営業マンはやる、それを理由に引っ越し業者を決める、でも作業員が実際やらないんじゃ話になりません。

それじゃ、引っ越し屋としてのサービスの価値はありませんよね。

お客さんはサービスで引っ越し業者を決めるのです。

結局部屋は傷ついたのか??

結果を言えば部屋は傷一つない状態で無事に引っ越しを終えることができました。

作業員の荷扱いのレベルが高かったからでしょう。

でも、それでも養生はするべきです。

お客さんが安心してみていられるようなやり方を、いや、安心というサービスを提供してほしかったですね。

最後に一言

僕は引っ越し屋として長年働いてきました。

たまにこういう現場にくると引っ越し作業をしたくなりますね。

これから先、引っ越しの思い出なんかもブログにかいてこーかな……。

スポンサーリンク









関連する記事をランダム表示



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

trucker

現役のトラック運転手という立場から、この職業の働き方を考え、ブログにかいています。無事故14年継続中!!トラックドライバー総合情報サイトブルルでもブログをかいています。