引っ越し屋の時に経験した「うまー(*^^*)」な出来事

3月なると引っ越し屋さんに勤めていた頃のことを思い出しますね

引っ越し屋さんはメチャクチャきつい仕事です。

僕は引っ越し屋のを10年近くやっていました。続けてこれたのはたまにうまーな出来事があったからだと思います

今日は僕が印象に残っているうまーな出来事をいくつか紹介します


スポンサーリンク


凄い額のご祝儀をもらった

昔からの習慣で引っ越し屋さんへのご祝儀を渡すことがあります。

多くても一人あたり3000円ほどです。

給料とは別に月に3万円から5万円はもらっていました。

しかし、たまに数万円くれるお客さんがいるんです。

最高で僕は5万円もらったことがあります。

2人で作業へ行って合計10万円貰いました。

2人で帰りのトラックの中ではしゃぎました。

仕事をして祝儀を貰えるような仕事はなかなか無いですよ。あっ!そういえば先輩の中には10万以上もらったことがある人がいましたね。

お客さんから家具や家電を貰えた

僕は一人暮しをする前に自分で家具や家電をほぼ買っていません。

それはお客さんが捨てるからという理由で貰っていました。

冷蔵庫、洗濯機、レンジ、テレビ、テレビ台、本棚などいろいろ貰いました。

何気に一番嬉しかったのは、オシャレなアンティーク風の石油ストーブをもらった時ですね。中古でも数万円します。

DSC_0143

ニッセンのis-3dxです。今は小さい子どもがいるので使っていないですが、大きくなればまた出したいですね。

作業終了後に料亭に連れていってもらった

お客さんの中にはvipなお客さんもいます。

責任者としてお客さんとやりとりをしていた僕は引っ越しをなんとか無事に終了させることが出来ました。

その後お客さんがどうして一緒にご飯を食べたいと言いだして、会社に報告。会社からお酒は飲まない約束で行くことに。

おそらく数万円する懐石料理を腹いっぱい食べました。本当にうまー(*^^*)」でしたね。

まとめ

引っ越し屋さんの仕事はきついですが、こういう出来事があるればモチベーションが上がりますね。

今の引っ越し屋さんはこういう経験できるのかな??

スポンサーリンク









関連する記事をランダム表示



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

trucker

現役のトラック運転手という立場から、この職業の働き方を考え、ブログにかいています。無事故14年継続中!!トラックドライバー総合情報サイトブルルでもブログをかいています。