大型トラックを運転すると感じるストレス&​リミッター解除について

リミッター

どうも!!

大型トラックドライバーのtruckerです。

初めてトラックに乗ってから、14年もの月日が流れました。

初めて乗ったトラックは4トントラックでした。

高速道路で運転した時(18歳)、

トラックってこんなに早いんだー!」

と感激したのを覚えています。

それから僕は大型トラックのドライバーになりました。

4トントラックを運転していた頃には感じることの無かったストレスを、大型トラックでは感じることが多くなりました。

今日は僕、大型トラックドライバーのtruckerの抱えるストレスを聞いてやってください。


スポンサーリンク


大型トラックのリミッターはストレスが半端ない

速度抑制装置(リミッター)

詳しい説明は割愛しますが、簡単に言えば、

速度を、

抑制する、

そ・う・ち☆

装置です。(笑)

どんだけアクセルを踏み込もうと、ある一定の速度でエンジンの回転数も上がらず、車速も上がりません。

“ある一定の速度”とはトラックによってまちまちですが、およそ87km~94kmぐらいです。

ちなみに僕のグランドプロフィアは92kmでリミッターがかかります。

実際の速度はもっと遅いかも、、、、。

リミッターは高速道路を運転しているときに活躍(?)します。

見た目からも想像がつくでしょうが、大型トラックはめちゃくちゃ重たい鉄の塊です。

荷物を積んだ状態であればさらに重くなります。

総重量20トンをこえるトラックが、時速100km以上で走っていたら恐いと思いますよね?

ちょっとした接触事故でも大惨事になってしまいます。

リミッターは僕らドライバーを守るためでもあり、まわりの一般車輌も守るための装置でもあるんですね。

しかし!そのリミッターがあるからこそ抱えるストレスがあります。

【大型トラック同士】追い越したいがなかなか追い越せない!!

先ほど言いましたが、大型トラックはある一定の速度でリミッターがかかります。

つまり、リミッターのかかる速度がほぼ同じというトラックもいます。

そうなるとじわじわ離されるか、じわじわ距離を詰めていくかのどちらかになりますが、後者の方だと厄介です。

追い越すのにかなりの時間時間を費やすこととなります。

長い距離を並走するのは気を使うし、

「頼むから抜かせてくれぇ~

ってなります。

僕の場合は、相手の方が速いと思ったら、減速して先に行かせるようにしていますが、、、。

高速に乗り本線に合流した時に、ほぼ同じ速度の大型トラックが前を走っていたら、僕はテンション下がります。

【一般車輌へ】抜かれたくないなら速度を落とさないで!!

長い距離を走っていると、追い越しをする時が必ずでてきます。

もちろん一般の車を追い越すことも多くあります。

しかし、簡単に抜かせてくれない車も非常に!非常に!!!!!!多いです!(怒)

こっちが追い越そうと車線変更をした途端に速度を上げたり、抜かせまいと並走してきたり、

抜かれたくないなら最初からそのペースで走れよ!!!!」

って言いたくなります。

大型トラックドライバーになって、ちょっと長い距離を走れば必ず一回はこんな思いをします。

そして、そのたびにストレスを感じ、イライラしてしまいます。

また、い越しといて前に出た途端に速度を落とす車も多すぎです。

大型トラックにはリミッターがついていることを、一般の人は知らないんですかね??

となるとこんなことを思う人が多いはず。

『リミッター解除したい!』

僕ら大型トラックドライバーは自分のペースを乱されることを極端に嫌う人が多いです。

となると、リミッターさえついていなければと思う訳ですが、、、、方法はぶっちゃけ色々あります。

リミッターを任意の操作で強制解除、もしくはエルジョイント。

が、それはやめておいた方がいいです。

僕の運送会社でいえば、エルジョイントを付ければ”クビ”です。

入社の時に念書を書かされました。

てか、付けていればタコには出ませんが、補正値分だけ距離が合わなくなるし、怪しいと思われれば、トラックの下に潜られて見られるとすぐにバレますよ。

ただ、、、

潜って見られてもバレない裏技もあります

実はこのエルジョイントには、○に○○○する物もあります。

その○○○○を付けて○○○○で○○○○すればバレません。

そこから○○○○すればさらに速度が○○○。

でも、距離はやっぱり合いませんが、、、。

どっちにしろ日報(距離)を見られればバレますね。

リミッター解除はやめましょう!!

リミッター解除

僕もリミッター解除をしたくなる気持ちも分かります。

僕らトラックドライバーにとっては、1分、1秒ですら時間が惜しい時もありますよね。

寝る時間の確保のため?

荷主のため?

でも、だからといってやっていいことと悪いことがあります。

運送会社としては、リミッター解除はアウトです

(運行管理者が容認して逮捕?された例があった。ググったけど出てこない!でも、会社にその事件のコピーが置いてあったんだよな~(。>д<))

げんこつでは済ませされません。

自分本位ではなく、まわりの安全の為にもリミッター解除は諦めてください。

また、比較的新しいトラックは○%以上のエルジョイントをつけるとコンピューターがおかしくなると聞いたこともあります。

AT、MTでも確か、違いがあったハズ、、、。

絶対したら駄目ですよ!!

ということで、皆さんどうか安全運行を宜しくお願いします。

スポンサーリンク









関連する記事をランダム表示



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

trucker

現役のトラック運転手という立場から、この職業の働き方を考え、ブログにかいています。無事故14年継続中!!トラックドライバー総合情報サイトブルルでもブログをかいています。