僕がマーカーランプを全部純正に戻した理由

お疲れ様です。

今日は久しぶりに僕が乗っているトラックの話をしようと思います

僕はトラックをカスタムすることが好きです。

トラックは見た目命!!

マーカーランプやポジションランプ、ナンバー灯など、すべてLEDに変えていました。

そんな僕が、タイトルにあるように、なぜ純正に戻したのか?

この記事はトラックをカスタムする前に是非見ていただきたいです

では説明しましょう。


スポンサーリンク


何よりも維持費がかかる

マーカーランプや電気関係は、当然ですが寿命があります。

僕は1つ電気が切れるたびに、新しいものを用意してつけ直していました。

変えたばかりなのに、なぜかすぐに切れる電球があったりと、結構お金を使ってきました。

言ってしまえばきりがありません。

こういう電気関係は、どこか1つでも消えて、放置しているとめちゃくちゃダサいです。

その度に早く交換したいと思い、ストレスを感じていました。

もちろん交換するお金は自分のお小遣いです。

LEDのマーカーランプは1つ1500円~2000円。

結構痛い出費です。

ため息ばかりでていました。

車検に出す時に手間がかかる

僕は一度LEDのマーカーのままで車検にだしたことがあります。(ディーラー)

その時にすべてのマーカーランプが外されていました。

そのことで先輩ドライバーに注意を受け、それがきっかけで車検の時は純正に戻していました。

僕が使っているマーカーは一体型でしたので、すべて交換するには手間がかかります。

寝る暇を惜しんでまでやることじゃないと思いました。

純正を綺麗に乗る方に美学を感じるようになった

いくらカスタムしても、トラックが汚ければダサいです。

僕の勤務する運送会社では、最近数台新車が入ってきました。

綺麗であれば、カスタムしていようが、してなかろうが、かっこいいです。

そのことに気づきました。

お金をかけることにストレスを感じていた僕は、後者を選ぶことにしました。

結局飽きる

今までマーカーランプの色を、白と青、白と赤、白と橙と変えてきました。

なぜ変えたのか?

理由は簡単です。

結局見慣れれば飽きます。

もう変えなくていいです。

実際何のメリットも無い

マーカーをLEDに変えても、結局自己満足で終わります。

めちゃくちゃ見やすくなるとか、これじゃなきゃ事故を起こしてしまう。

なんてことはないのです。

逆に車検が通らなくなる、お金がかかる、手間がかかる。

デメリットの方が多いと思います。

このことをすべて受け入れられる人でなければ変えるべきではないと思います。

実際誰も人のトラックに興味がない

僕は4年間、LEDのマーカーランプを使ってきました。

もちろん、同僚たちも知っています。

純正に戻して2週間ほど経ちますが、誰にもそのことに関して触れられていません。

先ほどもいいましたが、本当に自己満足の世界なんですね。

トラックにお金をかけるべきところ

絶対的に内装にお金をかけるべきだと思います。

僕のトラックは、見た目は普通ですが内装にはほどよくこだわっています。

オーディオ関係をはじめ、ハンドルカバーやシフトノブ、トラック用ベッドマット、遮光カーテン。

快適にトラックで過ごすための物は揃えました。

昔はトラックで寝泊まりするのが嫌でしたが、今では喜んで泊まっています。

トラックをカスタムすることは楽しいですが、やり過ぎると、僕のようにストレスを感じることもあります。

純正に戻してストレスから解放されました。

みなさんも純正に戻してみてはいかがですか?

スポンサーリンク









関連する記事をランダム表示



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

trucker

現役のトラック運転手という立場から、この職業の働き方を考え、ブログにかいています。無事故14年継続中!!トラックドライバー総合情報サイトブルルでもブログをかいています。