【スーツを着たくない】ならトラック運転手​になってみませんか?

スーツ

どうも!

トラック運転手のtruckerです。

僕は生まれてこの方運送業界でしか働いたことがありません。

というより、スーツを着て仕事なんて考えたことがありません。


スポンサーリンク


スーツを着たくない理由

スーツを着ることなんてほとんどありませんが、基本的にスーツは着たくないというのが本音です。

ましてや仕事とはいえ毎日スーツを着るなんて考えられません。

理由は息苦しいし、窮屈で動き辛い。

しかも、夏場は暑苦しいということが理由ですかね。

なんとなくスーツを着ているサラリーマンを見ると、社会で『消耗』している感がでていませんか?

僕はスーツを着て仕事をしたことがないので本当のことは分かりませんが、

『営業で気を使いながら仕事をしているのかな?』、

『下げたくもない頭を下げているのかな?』

『ストレス半端なさそうだな』

とか想像しています。

実際どうなんでしょうか?

少なくとも僕の勤めている運送会社には、こういう思いをしていた人が未経験ながらも入社しています。

トラック運転手なら”こんな思い”しなくてもいいんですよ。

気楽にできるトラック運転手!!

僕らの仕事は本当に気楽ですよ。

お客さんにめちゃくちゃ気を使う訳でもないし、ある程度のコミュニケーション能力があれば楽しく仕事をすることができます。

誰かに謝る、頭を下げることなどほぼありません。

トラックを運転している時は一人で、誰にも指図されませんし。

口うるさい上司がいたとしても、会社をでてしまえば自分が王様です。

さらに空いた時間があれば寝ることだってできます。

本当に気楽です。

僕の去年の年収は540万円

年収

2016年度の年収発表!長距離ドライバー​並の年収でした!

2017.01.20

僕は地場の大型トラックドライバー、30代前半でこれだけの年収があります。

長距離を走っている先輩ドライバーには、年収700万円の強者もいます。

驚愕!長距離ドライバーの先輩、九州から関東の往復便の年収

2016.01.15

昇給していく望みは薄いですが、『運送業界』の人手不足から、給料や待遇はこれからどんどん上がっていくとおもいます。

スーツを着て消耗しながら、働かなくてもこれだけ稼ぐことはできるんです。

僕がしている仕事は路線ドライバーなので高給な方ですが、他にもいろいろな仕事がありますよ。

スーツを着たくないと思っている方は、ぜひトラック運転手になってみませんか??

トラックドライバーになる前に知っておきたい7つのこと

2016.03.06

スポンサーリンク









関連する記事をランダム表示



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

trucker

現役のトラック運転手という立場から、この職業の働き方を考え、ブログにかいています。無事故14年継続中!!トラックドライバー総合情報サイトブルルでもブログをかいています。