トラックドライバーになれる!?運送業界未経験でコミュ障の人

「コミュ障ならトラックドライバーやりな」

なんて聞いた事ありませんか?

僕はトラックドライバーを12年やっています。

経験から言わせてもらえば難しいと思います。

なぜ難しいのか?

さらにコミュ障でトラックドライバーになるにはどうしたらいいか?

では書いていきます。


スポンサーリンク


コミュニケーションは能力必要です

コミュニケーション能力の要らない仕事内容なんてほんの一部です。

運送業界未経験でコミュ障は一人立ちすることなくノックアウトです。

運送会社に入社したら先輩の横に乗って仕事を教えてもらいます。

基本的に聞いてくる人には教えるけど聞いてこない人には仕事を教えてくれません。

別にいじめてる訳じゃないです、、。

教えても無駄。

そう思っちゃうんです。

それだけ未経験やコミュ障の人ってすぐ辞めていく確率が高いって事なんですよ。

僕もたまに教育係をやりますが仕事を覚えたいと覚悟のある人にしかちゃんと仕事は教えません。

僕がやっている大手の路線会社の路線ドライバーとして働くなら、更にコミュニケーション能力を求められます。

厳しい所は出入り禁止になったりすることもあります。

例え出入り禁止にならなくても仕事はかなりやりづらい環境になっていきますよ。

実際に僕の周りにもこういう人がいます。

どんな人がトラックドライバーに向いている?

明るくてコミュニケーション能力が高い人が向いています。

トラックドライバーは肉体労働です。

夏場であればシャツは勿論ズボンまでびしょびしょになる位まで汗をかきます。

かなりきついです。

そのきつさを分かち合うことのできる人間は会社からも、勿論先輩達にも可愛がられます。

そういった人は大事な仕事も任せられるし稼ぐ事も出来るようになっていきます。

トラックドライバーはキャバ嬢みたいに人気商売ってことです!

キャバ嬢がコミュ障で勤まりますか!?

勤まりませんよね。

トラックドライバーも一緒だってことを僕は言いたいです。

コミュ障じゃ稼ぐことはできない、これは事実。

人気者が特をする。

そういう商売です。

先輩ドライバーとしてのアドバイス

ではコミュ障だけど稼ぐ為にトラックドライバーになりたい!!

そんな人に僕からアドバイスしていきます。

挨拶をしっかりすること。

これが一番大事です。

そして仕事に対して真剣に取り組み弱音を吐かないこと。

配車担当には無理を言われることが多いです。

配車担当もそれはわかっています。

期待に応えられなくても挑戦する姿勢が大事です。

挑戦することで周り、会社から信頼を得られて稼ぐ事が出来るようになれます。

実際に僕の働いてる環境でもコミュ障の人はいます。

努力に勝るものはないです。

みんな頑張ってますよ。

まとめ

極端な事を言ってきましたが、コミュ障でもトラックドライバーになることは可能です。

が、努力は必要になってきます。

最低でも挨拶だけはしっかりやっていきましょう!!

スポンサーリンク









関連する記事をランダム表示



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

trucker

現役のトラック運転手という立場から、この職業の働き方を考え、ブログにかいています。無事故14年継続中!!トラックドライバー総合情報サイトブルルでもブログをかいています。