2016年度の年収発表!長距離ドライバー​並の年収でした!

どうも!

年も明け、2017年度、1月4日から仕事が始まりましたが、、、。

まだ、いまだに休みが一度もありません。

つらい、きつい、休みたい!

なんて会社には言いませんが、たまにはゆっくり休みをとりたいと思っているtruckerです

今日のブログは去年の年収を発表したいと思います。

2015年(年収480万円)に比べると、圧倒的に仕事をした!

という実感があります。

さて、僕のトラック運転手としての年収を発表する前に、僕の仕事内容を簡単に書いておきますね。


スポンサーリンク


僕、truckerの仕事内容

僕の仕事は、「路線ドライバー」です。

めっちゃ簡単に言えば、大手の運送会社の店から店への輸送をする仕事です。

お客さんを直接相手にするわけではありません。

気楽な仕事ですが、大型トラックでする作業なので、荷物の積み降ろしをする量が多いので、体への負担は大きいです。

長距離ドライバー、地場ドライバー、どちらも選択可能ですが、僕は地場ドライバーをやっています!!

件数をこなせば給料は長距離並に稼ぐことができます。

若い内はバシバシ件数こなして荒稼ぎしてやろう!

ってきな感じで頑張っています。

では、お待たせいたしました。僕、truckerの年収を発表します!!

とにかくよく走った一年でした!

寝る暇を惜しんで仕事をして、長距離ドライバー並の年収をゲットです!!

振られた仕事は、断らずにしっかりこなしていきました。

配車係の容赦ない配車に、イライラや疲れを感じましたが、よく頑張ったと思います。

年収480万から540万、60万アップの理由

2015年度の年収発表!トラックドライバーの平均年収よりも上でした

2016.01.14

このブログで何度も書いていますが、僕の勤めている運送会社は人手が足りません!

自分が定期的にやっている仕事以外も、追加の配車として、よくつけられます。

2015年度は、ポツポツもらっていた仕事が、2016年度は定期になり、毎週追加の仕事をする形になりました。

さらに、別の荷主の仕事も入るようになり、休日も仕事になることが増えました。

後半は、毎月の給料が手取り40万を超えていました。

今年2017年度の年収予想

2016年度の後半のペースで働くと、年収は限りなく600万円に近くなりそうです。

今年も地場ドライバーでも、家族と過ごす時間は少なそうです(/_;)。

長距離ドライバーもいいですが、体が元気バリバリなら、地場ドライバーでたくさん現場をまわって稼ぐのも悪くないですよ

スポンサーリンク









関連する記事をランダム表示



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

trucker

現役のトラック運転手という立場から、この職業の働き方を考え、ブログにかいています。無事故14年継続中!!トラックドライバー総合情報サイトブルルでもブログをかいています。