働いて14年、トラック運転手の給料について思うこと

お疲れ様です!!

僕はトラック運転手として、10年以上働いています。

給料がいい会社や悪い会社、色んな運送会社を渡りあるいてきました。

そんな僕が給料について思うことを書いていきたいと思います。

これからトラック運転になりたい思っている方で、この職業の給料の実態が気になる方には参考になると思います。


スポンサーリンク


給料は高い!!と感じるが時給で考えると安い

本当に色んな運送会社で働いてきましたが、トラック運転手という職業は拘束時間がめちゃくちゃ長いです。

衝撃的だったのは、引っ越しのドライバーをしていた時です。

毎日14時間から18時間は拘束されていました。

繁忙期になるとさらに増え、家に帰らないこともありました。

引っ越し作業後、会社へ戻り、永遠と積みかえ作業をやっていました。

繁忙期の後半になれば、みんな目が死んでます。

体がきつくても会社を休むこともできず、残業が180時間いったこともあります。

それだけきつい思いをして、どれだけの稼ぎになったと思いますか?

ビックリしますよ!!

給料40万円!!

重労働をしいられ、ぼろ雑巾のように使われ。

色んな思いをし、たったこれだけです。

『割りに合わない』とはこのことです。

別のルート配送の仕事でも、朝イチから深夜までなんてもざらでした。

それで給料が20万円ほど。

今現在僕がもらっている給料から当時のことを考えると、ばかばかしくてやってられないですよ。

trucker
現在の運送会社は最高です!!

良い運送会社に巡り合えてよかった―。

人によって給料が変わる!?トラック運転手は不平等な世界

 

給料

トラック運転手の給料は、歩合制がほとんどです。

やればやるだけ給料が多くなるというシステムですから、モチベーションは上がりやすいかと思います。

しかし、みんながみんな頑張れば稼げるというのはありえません。

仕事の中でも、『いい仕事』、『悪い仕事』とあります。

僕の経験を例にしていうと、長距離を走っていた時の話です。

当時勤めていた運送会社は、運賃で給料が決まる会社でした。

どれだけ距離があっても、きつくても、時間がかかろうと、そんなことは給料に反映されません。

ただそこにあるのは”運賃”だけです。

入社したばかりの僕は、どんな仕事も頑張ってこなしてきました。

同じ長距離を走っていた先輩は40万以上稼いでいるなかで、僕の給料は20万ありませんでした。

先輩の半分以下です。

原因は運賃の悪い仕事ばかりしていたからです。

関西から九州への下りの給料が、先輩は26000円、僕は11000円みたいな。

さらに言えば先輩はすべて高速、僕はすべて下道でした。

不平等ですよね。

現在勤めている運送会社では、仕事をこなした数が給料に反映されます。

楽勝な仕事、きつい仕事でも関係ありません。

数をこなすことができればいいだけです。

僕は比較的に稼ぎやすいポジションにつくことができました。

僕と同じ地場ドライバーでも、給料の差額が20万以上違う時があります。

本当に不平等ですね。

稼ぐことにひがまれる

トラック運転手は稼ぐことにひがまれる職業です

2016.05.27

僕自身、人によっては長距離運転手より稼いでいます。

ちなみに2016年度の年収は540万円でした。

「地場ドライバーのくせにぃー(#`皿´)。」

なんて言われているでしょう。

っというより、それに近いニュアンスで先輩に言われたことがあります。

そのことを上司にまで告げ口されて、まったく稼ぐことが出来なくなったこともあるんですよ!!

悔しかったら、もっと頑張って走れよ!

なんて思いましたが、結局人手が足りなくなり稼いでいます、、、。

頑張れば頑張るほど嫌われるので、他の人にべらべら給料のことは言わないようにしています。

どれだけ給料がよくても、会社に居づらいのは嫌ですからね。

昇給することがまずない

トラック運転手の給料は歩合制がほとんどだと先ほど書きましたが、結局やる内容が変わらなければ昇給することはまずあり得ません。

会社から定期便(固定の仕事)をするようにと指示されればそれを永遠とするわけですが、1年、5年、10年経っても全く同じ給料を貰い続けることになります。

安定した給料を貰うことは別に悪くは無いとは思いますが、努力をし、会社に大きく貢献するようなことがあれば昇給し、モチベーションのアップにつなげたいですよね。

でも現状この仕事は、より多くの荷物を走って運んで働いてと、時間を天秤にかけなければ給料は多くもらえません。

給料の締日がくれば、また1から歩合という手当を貯めていかなければなりません。

きつい仕事内容を選べば選ぶだけ、昇給する壁は高くなります。

最後に一言

何度も言いますが、トラック運転手の給料は歩合制がほとんどです。

つまり、業界未経験者でも頑張ればすぐ稼げるようになります。

走れば走るだけお金になるトラック運転手。

努力次第では荒稼ぎできますよ!!

でも、甘くないからね、、、、、。

楽で楽しい職業なの!?トラック運転手の実態!!

2016.05.01

スポンサーリンク









関連する記事をランダム表示



2 件のコメント

    • こんにちは。
      主さんと年収ほとんど一緒ですのでご参考迄に。
      私の場合、関東から荷物を積んで関西降ろしの定期です。
      帰りはもちろん関西発関東便。
      夕方積んで関西朝着、荷降ろしして夕方また積み込み。1運行あがりなので3日で実働40時間位でしょうか?
      1日平均13時間くらいかな?

      ちょっと解りにくいですがご参考迄に

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    trucker

    現役のトラック運転手という立場から、この職業の働き方を考え、ブログにかいています。無事故14年継続中!!トラックドライバー総合情報サイトブルルでもブログをかいています。