現場の声!!トラックドライバー不足を痛感する瞬間

最近トラックドライバーが不足していると世間で囁かれていますが実際にどうなの!?

ということで僕のまわりの声、僕の現場での出来事を交えながら書いていきたいと思います。


スポンサーリンク


実際に不足してる?

はい、トラックドライバーは不足しています。

以前に勤めていた会社の人から連絡がありました。

会社全体で退社したドライバーを呼び戻そうという運動が起きているみたいで、連絡をしたそうです。

もちろん丁寧にお断りしました。

別の運送会社では、入社したら支度金として20万円を渡す会社や、大型一種免許の費用を全額負担するというところもあるようです。

(1年間働けば返さなくていい)

僕の勤める運送会社でも支度金はでますがお小遣い程度ですが、、、。

太っ腹な会社もあります。

裏を返せばドライバーがそれほど不足しているということです。

僕が働いている現場では色々な運送会社のドライバーがいます。

どこもドライバーがいないことを囁いています。

何故そんなに不足しているのでしょうか?

トラックドライバーが不足している理由

トラック運転手

僕のまわりでは若い人がいません。

僕は30歳ですが、会社の中では若い方に入ります。

若い人達はトラックドライバーという職業を選ばないのだと感じています。

それはトラックドライバーのイメージが良くないことが原因でしょう。

ちまたじゃ3k(きつい、汚い、危険)だの言われています。

でも確かにそうです。

重労働だし、ホコリもすごいし、危険もいっぱいです。

そんな職場に普通は勤めないですよね。

これで給料が良ければ話は別ですが、、、。

僕の運送会社は給料はいい方ですが、他はそんなによくはありません。

この仕事はリスクが高すぎです。

事故を起こせば給料から引かれるし、拘束時間も長いです。

睡眠を十分にとれる体勢でもないし、なんの魅力も感じないでしょう。

若い人が入ってくる場合もありますがほとんどの人が続きません。

想像以上にきつかった。

自分には合わないと思った。

など辞めていく理由は様々です。

また別の理由としてはトラックドライバーの高齢化による不足も考えられます。

先ほども言いましたが若い人はいません。

逆を言えば高齢者は多いです。

昔はトラックドライバーは金になる仕事でした。

その時のドライバー達は現在定年を迎えようとしています。

僕の運送会社でも今年定年の人が数人います。

ますますトラックドライバーが不足しそうです。

トラックドライバー不足を解消する為には

どうしても3kのイメージが強いのでそのイメージを払拭しなくてはなりません。

現場の改善や運行管理をしっかりして、リスクの少ない職場作りをしていくことが大事でしょう。

それを実現する為には運送会社だけではなくて、荷主にも協力してもらうことが必用です。

ただトラックドライバーが不足している今、それを実現するのは難しく思えます。

また、現在トラックドライバーになる為の敷居が高くなっていると思えます。

それは中型免許ができて、若い世代がトラックに乗れない状況ができています。

あくまでも個人的な意見ですが中型免許は廃止、もしくはもっと安く取得できるシステムをつくらなければ、ますます若い世代のトラックドライバーが減っていくでしょう。

トラックドライバー不足を痛感する瞬間

トラック運転手

僕が勤めている運送会社では常に人手不足です。

トラックドライバーが足りなくて、自分以外の仕事を入れられています。

収入は上がりますがドライバーに対する負担は大きくなります。

それが原因で会社を辞めていく人多いです。

ドライバー不足が更なるドライバー不足を呼んでいます。

自分の仕事で12時間は拘束されますが、20時間は拘束されることもあります。

連続でそんなことになるときついです。

休みもなかなかとれず、代わりはいません。

また、荷主から直接仕事を頼まれたりすることも。

会社に言えば走ってくれと言われます。

運送業界は現在ぎりぎりの状態です。

これ以上トラックドライバー不足が進めば荷物が届かないことが当たり前になっていくでしょう。

まとめ

僕は現場の人間としてトラックドライバーが不足していることを痛感しています。

これから先もっと状況は悪くなっていくことでしょう。

国を上げて考えていかなければいけません。

やらなきゃ手に入るものが手にはいらなかったりと住みづらい日本になっていくでしょう。

スポンサーリンク









関連する記事をランダム表示



2 件のコメント

  • トラックドライバーが不足しているのではなく給料が不足していてなり手がないというのが事実でしょう。私でもトラックドライバーが儲かるのなら直ぐにでも転職してトラックドライバーしますよ(笑)トラックドライバーできる免許と技術と経験があってもトラックドライバーはしません。

  • 不足分を走るのは人手不足とは関係ない
    人を増やしても定期とは別でスポットが重なれば不足分を必ず誰かが走らなければいけない
    だから不足分や荷主の「走ってくれ」は人手不足とは関係ない。
    ドライバーの人手不足」ってのは荷主や元請けが「走ってほしい定期があるけどどの運送屋にも断られてる」ってのだよ
    荷主や元請けと、自分の会社がやりとりしてるんであってドライバーにはなかなか情報入ってこん
    どこでも断られてる仕事だから3k丸出しで断られて当然 の仕事がほとんど

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    trucker

    現役のトラック運転手という立場から、この職業の働き方を考え、ブログにかいています。無事故14年継続中!!トラックドライバー総合情報サイトブルルでもブログをかいています。