仕事はできるできないではない。やるかやらないかだ!

トラック運転手

お疲れ様です!

トラック運転手のtruckerです。

僕は大手路線会社の庸車として働いています。

毎日荷物を10トントラックに手積みで満車にして降ろしに行く、それを2回繰り返すことで会社から給料をもらっています。

時には3回目もあるわけで、そういう時は合計で60トンもの荷物を1人で扱います。

3回目を走る時にまわりからよく言われりのは、

「さすがやね~」

とか

「仕事できる人は違うね~」

など言われます。

でもそれって違うと思うんですよ。


スポンサーリンク


トラック運転手は仕事をやることで稼ぐことができる

3回目を走ることにより多く給料をもらっている僕からすれば、仕事が出来る出来ないは関係ないじゃない?

と思うんですよね。

別にその人たちも僕と同じように稼ぐチャンスはいくらでもあるし、やろうと思えばそれ以上だって稼ぐことも出来ます。

でも、何を言われても「やらない」、「走らない」。

たまにあるヨダレが出るような美味しい仕事だけを選び稼ぐような人たちにそんなこと言われたら腹が立つんですよね。

こっちが夕方から出勤して昼まで働いて稼いでいるっていうのに、同じ時間に出勤してきて朝には仕事が終わり給料は一緒じゃやってられませんよ。

でもそんな美味しい仕事はたまにしかありませんがね。

僕は別に楽して稼ぎたいなんて思ってないんですよ。

僕は地場のドライバーですが、最高で日当35000円稼ぐこともあります。

もちろん楽じゃありません。

働いている時間は24時間を超えます。

それでも、僕はやります、やるんです。

きつかろうが苦しかろうが、家族に会えなくて寂しかろうが辛かろうが、僕はやるんです。

稼ぎたいと思っている方には本当にこの言葉送りたいです。

トラック運転手として稼ぎたいと思うなら、仕事が出来る出来ないは関係ありません。

仕事をやるかやらないかなんです。

僕は地場ドライバーですが、今年は年収600万を超える勢いで働いています。

嫌な仕事でも自分から突っ込むよに頑張っていけば、その先いいことが待っています。

やりましょう!

僕はこれからもやっていきますよ!

スポンサーリンク









関連する記事をランダム表示



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

trucker

現役のトラック運転手という立場から、この職業の働き方を考え、ブログにかいています。無事故14年継続中!!トラックドライバー総合情報サイトブルルでもブログをかいています。