運送業界の年末は忙しい、でも、荷主の対応には問題があるとおもう

忙しい

年末、運送業界は大忙し。

 

僕がやっている路線ドライバーも、いい加減にしてくれって言いたいぐらい。

やっている仕事の内容は同じようなことなんだけど、荷物を持ち込んでくるトラックが多く、いつもより待ち時間が多く発生する。

 


スポンサーリンク


尋常じゃない

いや〜みなさん、尋常じゃないですよ。

 

深夜に並んだのに、荷おろし開始時間が太陽が出てからなんてざらです。

しっかり待機時間を日報に記録しないと。

国から荷主に警告してもらいましょうね。

まぁまぁ、その話はとりあえずおいといて、毎年毎年同じような年末を過ごしているんですね。

もう恒例の行事。

荷おろし待ちの長蛇の列。

荷卸し待ち

もうね、いい加減に過去の失敗から何か学んで欲しいものです。

運ぶ量にも限界があるし、荷受けするにも限界がある。

無理なものは無理と、ある程度物量をコントロールしなきゃダメでしょう。

稼ぎどきと言わんばかりにバカみたいに荷物を集め、キャパをオーバーし荷物が残る。

それが次の日に回って、その繰り返しでどんどん自分たちの首を絞めているのに。

その荷おろし待ちをしているトラックの中には、空車になり、またそこから荷物を積み込んでいくトラックもいる。

そのトラックが荷物をおろせず荷物を積まないから、いつまでも現場が片付かない。

笑っちゃよね。

苦し紛れに荷物をプールし、また片付けるのに時間がかかってしまう。

 

悪循環でしかない。

毎年繰り返して、これといって対策をとらない。

変えようという意志がない、気持ちがない。

何もない。

 

年末だからしょうがないとか、そんな気持ちでやっている。

それが僕から見れば目に見えて伝わってくる。

ダラダラダラダラ作業して、この忙しい時期を、自分たちの能力をフルに使って乗り切ろうという考えがない。

やるならやるでそれなりの姿勢を荷主が取らねければならないのに。

なんとかなるさーみたいな考えは捨てなければならないのに。

忙しのは分かる、荷物が多いのも分かる、でも、何も対策をとらないことで苦しんでいるのは僕らドライバーなんだよ。

そこだけは荷主にも理解してほしい。

一言でいい、感謝の気持ちをあらわしてほしい。

しっかり対応して欲しい。

苦しみながらも僕らはあんたらの荷物を運んでいるんだよ。

スポンサーリンク









関連する記事をランダム表示



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

trucker

現役のトラック運転手という立場から、この職業の働き方を考え、ブログにかいています。無事故14年継続中!!トラックドライバー総合情報サイトブルルでもブログをかいています。