譲り合いの気持ちを持つことはプロドライバーとしての務めだと思う

譲り合い

お疲れ様です。

14年間無事故継続中のtruckerです。

トラック運転手として僕はまだ一度も事故を起こしたことはありません。

もちろん自家用車の運転でもそうです。

僕はこの先も絶対に事故を起こさないという強い意志をもって毎日運転しています。

それはトラックドライバーとして、プロとしてプライドをもっているからです。


スポンサーリンク


乗用車より大きいトラックに乗っている者として

梨乃様、まさにその通りですよ。

僕らにとって小さなことでも、乗用車からしたら大きなことで、恐怖にもつながります。

高速道路でちょっと接触した??

乗用車はぺちゃんこです。

乗用車同士なら大したことのない事故でも、トラックが絡めば重大事故になりかねません。

僕らが扱っている乗り物は、世の中になくてはならない物です。

人が生きるため、気持ちをつなぐために必要不可欠です。

僕らはただ荷物を運んでいるんではありません。

社会にとって大事な仕事をしているんです。

でも、僕らがそのトラックの扱い方を間違えれば逆に、人を傷つけて、恐怖を与える。

そして最悪の場合、人の命をも奪ってしまう可能性もあります。

僕らトラックドライバーができることとは何か

梨乃様も言っていますが、プロドライバーとして一歩引くこと、そして、譲り合いの気持ちを大事にして普段、運転することを心がけましょう。

でも、これが意外に難しい

人はハンドルを握ると別の人格が出てくる人が多いと思います。

大げさに言えば、こち亀の本田みたいな……。

普段は優しく温厚な人間でもハンドルを握れば、横着になり、わがままで自分を最も優先してしまいます。

僕も、乗用車の危険運転で頭に血がのぼることがしょっちゅうあります。

でも、それを表には出しません。

頭にはきますが感情を爆発させることはありません。

それが、プロだと思っているからです。

それがプロとしての品格なんです。

プロドライバーはトラックをコントロールする技術だけではなく、感情をコントロールする技術も必要だと僕は思います。

荷物と人の命を守りたい

僕は道路上で起きたトラブルにプロとして対応し、そして事故を回避し、人の命を守りたいと思っています。

公道を使って仕事をさせてもらっている者としてそれが宿命だと、それがプロなんだとそう信じています。

最後に一言

トラックドライバーのみなさん、譲り合いの気持ちを持ちましょう。

みんなが変われば世界が変わる。

1人1人が譲り合いの気持ちを持つことで、多くの事故は防ぐことができると思います。

そして、続けていけば僕らトラックドライバーのイメージ向上につながります。

僕らはプロなんだという自覚を持ってハンドルを握ってください。

宜しくお願いします。

スポンサーリンク









関連する記事をランダム表示



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

trucker

現役のトラック運転手という立場から、この職業の働き方を考え、ブログにかいています。無事故14年継続中!!トラックドライバー総合情報サイトブルルでもブログをかいています。