大型トラックのドアパンチは仕方のないことなのか??

ドアパンチ

お疲れ様です。

トラック運転手のtruckerです。

僕は仕事で大型トラックに乗っています。

大型トラック、まぁ大きいです。

トラックを駐車スペースにとめても、ラインギリギリいっぱいというところも多いです。

大型トラック同士並べば、運転席から降りづらいことも多々あります。

となると隣のトラックにドアパンチをしてしまう可能性もあるんです。


スポンサーリンク


大型トラックのドアパンチは防げない??

その辺にとまっているトラックを見て見れば分かるとおもいますが、結構ドアパンチのせいで傷がついています。

しょうがない。

これはしょうがないことなんですが、それを嫌う人もいます。

そんな人は自分なりに保護をし、トラックをとめるんですね。

僕はトラックを大切にするタイプなんですが、そこまですると隣に気を遣わせてしまうのでしていません。

僕自身はどちらかといえば細身の方なので、降り口が狭くても、ドアパンチをせずに出ることはできるのですが、太っている人、んんーーー、体格のいい人なんてそんなことできません。

でも、だからといってドアパンチしていいわけではないんですがね。

太ってる太っていないの話は置いといて、ドアパンチをしなくて済むのに、わざとのごとくぶつけてくる人もいるんです。

ばかたれです。

しょうがないとはいえ、あまり気にしていないとはいっても、あからさまにやられるとメチャクチャ腹が立ちます。

勢いよく、何も気を遣わず、もうあたかもとなりには何もいないかのようにドアを開けるんです。

高速のパーキングなんてそこそこ幅も空くしドアはぶつからないと思うんですが、それでも、バコーンとぶつけられることあります。

寝てる時にやられたらビックリして起きてしまうんですよねー。

もっと気をつけてやってくれればいいのに。

助手席側からドアパンチされた!!

この間、僕は荷主の駐車場にトラックをとめ、待機していました。

右隣のトラックの運転手が降りてきて助手席側にまわり荷物をゴソゴソ。

運転席側をガンガンドアパンチされました。

僕は待機中は運転席側の窓のカーテンをすることが多いので、僕が運転席にいないと思ったんでしょうね。

あまりにもガンガンやられたのでカーテンを開け、睨みましたよ。

相手と目が合い、申し訳なさそうにしながらもヘラヘラしてました。

trucker
笑うな!ちゃんと謝れや!!コラァぁぁ!!!!!

って言いたかったけど、そこは我慢しました。

こういう馬鹿なトラック運転手、最近多すぎます。

きちんとしつけしてもらわないといけませね。

ドアが当たってしまう状況であれば

ドアがあたってしまうのはもうしょうがないという部分はあります。

でも、だからといってガンガンぶつけるのはなしです。

出来るだけゆっくりドアを開け、そーーーっと当ててからトラックから降りましょう。

これはマナーです。

終わりに

僕らは個々で仕事をしています。

一人一人が気持ちよく仕事をするためには、多少はまわりに気を遣わなければいけません。

そうしないともめる原因にもなってしまいます。

今回は僕は気持ちを抑えましたが、また、同じ人に同じようなことをされれば、たぶんキレるでしょうね……。

スポンサーリンク









関連する記事をランダム表示



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

trucker

現役のトラック運転手という立場から、この職業の働き方を考え、ブログにかいています。無事故14年継続中!!トラックドライバー総合情報サイトブルルでもブログをかいています。