「プロ意識低すぎ」運送会社に怒りの電話

朝から高速道路で2トントラックと大型トラックのドライバーがトラブルを起こしていました。

第三者として僕はその一部始終を目撃しました。


スポンサーリンク


トラブルの始まり

片側2車線の高速道路で走行中、前にいた大型トラックを後方から来た2トントラックが抜いた。

抜いたはいいが、その後2トントラックは減速

大型トラックが抜き返し、再び2トントラックが抜き返す。

その繰り返しを3度ほど。

大型トラックはスピードリミッターが付いているので速度は一定でした。

悪いのは2トントラックです。

抜いたくせに減速して、結果的に走行を妨害になりました。

しかし、その後に更なるトラブルが!!

大型トラックのドライバーが2トントラックを抜いた後にゴミを道路上に投げつけたのです。

ゴミは紙切れのような物でした。

当たったとしても問題はありませんが、そのゴミが僕のトラックに当たりました。

僕、関係ないのになー

と思いつつ、速度を上げて大型トラックの運送会社の名前、車番を確認しメモをとりました。

怒りの電話をかけました

a0800_001041

トラックにゴミが当たったことよりも、プロドライバーとしてのマナーの悪さに怒りの電話をしました

僕達トラックドライバーは公共道路を使用してお金稼いでいます。

だから道路を誰よりも大切にしなければならないと僕は思います

そんな僕達プロドライバーが自ら道路を汚すなんてありえないです

その行為を見ていたのは僕だけではなくて、一般の人も見ていました。

トラックドライバーという職業は世間体はよくありません。

そんな状況の中、こんな光景を見た一般の人はどう思うでしょうか?

僕は同じトラックドライバーとして申し訳ない気持ちになりました

運送会社への電話ではそういう僕の気持ちを熱く伝えました。電話対応は非常によくて、そのドライバーに「きつく指導させていただきます。本当に申し訳ないです。」と言われました。

トラックドライバーは基本的に一人でする仕事です会社の外へ行ってしまえば、好き放題できるのが現状です。

プロ意識は指導されて身ににつくものではありません。

自ら色々な経験をして気づかないといけないのです。

間違ったことをしたトラックドライバーがいたら運送会社に電話して欲しいです。

そうすればプロ意識が高まり、マナーも向上し、世間体も良くなっていくと思います。

最後に一言

色々言いましたが僕は単純にトラックドライバーとして胸を張って生きていきたいのです。

スポンサーリンク









関連する記事をランダム表示



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

trucker

現役のトラック運転手という立場から、この職業の働き方を考え、ブログにかいています。無事故14年継続中!!トラックドライバー総合情報サイトブルルでもブログをかいています。