ブラックでもホワイトでもない。僕流の働く運送会社の選び方

運送会社
trucker
運送会社の選び方って難しいよね~

求人情報を見れば、高収入を売りにしている運送会社は多いです。

でも、それをまるまる鵜呑みにして入社するのはかなり危険。

僕が以前勤めたブラックな運送会社もそうでした。

求人情報には高収入、好待遇。

でも、実際働いてみると嘘だらけ。

もう人生最大に貧乏しましたよ。

完全にアウト!ブラックな運送会社で働いた思い出

2016.06.19

でも、求人情報だけでそれを判断するのは難しいです。

実際に僕が今現在勤めている運送会社もそんなことかいて求人をだしてますから。

真実を載せている運送会社もあります。

一番いい方法としては実際働いている人に話を聞くか、働いたことがある人に話を聞ければ手っ取り早いのですが、そんな都合よくいませんよねー。

ということで僕の運送会社の選び方。

それは………


スポンサーリンク


あたって砕ける前に辞める

これの繰り返しですね。

もう実際働いてみないとわかりませんから。

拘束時間もメチャクチャ長く、ドライバーへの負担が多い。

そして給料もめちゃくちゃ安い。

それは間違いなくブラックな運送会社。

そしてつぎの運送会社へ渡り歩く。

聞こえは悪いかもしれませんが、会社を転々とし、いい運送会社を見つけるしかありません。

僕も今の運送会社に辿りつく前にいくつも運送会社を渡り歩きました。

トラック運転手は運転技術さえ一度身につければ、転職しやすいので気にしなくていいです。

どこの運送会社も人手不足。

よっぽどのことがない限り簡単に受け入れてもらえます。

こんな意見もあるぐらいですから。

結局僕が選んだ今の運送会社は、拘束時間は長いですが、働けば働いた分給料は多くなります。

しっかりと、惜しみなく評価してくれます。

これで給料が安ければ完全にアウトなブラック運送会社です。

ホワイトではない、グレーな運送会社とでもいっときましょうか。

僕にとって働く運送会社選びのポイントはお給料なので、ぶっちゃけ拘束時間とかはどうでもいいんです。

まぁ短かければラッキー!!

ぐらいの考えで働いています。

そういえば今年の年収はどうやら600万を超えそうです。

地場ドライバーでこれだけ稼げれば満足ですね。

僕と同じように稼ぎたい方は、ホワイトな運送会社、ブラックな運送会社ではなく

グレーな運送会社

を選んだら荒稼ぎできますよ。

働いていて納得できればそれでいいとおもいます。

求めているものは人それぞれ違いますら。

みなさんもいい運送会社に巡り合えるといいですね。

スポンサーリンク









関連する記事をランダム表示



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

trucker

現役のトラック運転手という立場から、この職業の働き方を考え、ブログにかいています。無事故14年継続中!!トラックドライバー総合情報サイトブルルでもブログをかいています。