セールスドライバー(営業乗務員)の実態、どんな働き方してんの?

どうもお疲れ様です!!

路線ドライバーのtruckerです。

僕のやっている仕事は多くの人達と関わることがあるのですが、その中でもセールスドライバー(営業乗務員)と関わることも多いです。

彼らの仕事といえば荷物を配達したり、集荷したりと、物流の最前線で働いているトラックドライバーです。


スポンサーリンク


セールスドライバー(営業乗務員)の実態

実態

僕は残念ながらこういった仕事をしたことはありませんが、友達から内容を聞くだけで、絶対に自分にはできないな〜と思ってしまいます。

拘束時間でいえば、朝早くから出勤して配達の準備をし、荷物の集荷後、センターで荷物をおろした後にも明日の準備をしたりと、遅くまで働いています。

僕みたいなドライバーがいうのも変ですが本当に感心します。

でも、それだけ長い時間働いているのに給料はいいという印象はありません。

実際に僕の友達が営業乗務員として働いていたのですが、給料は僕の半分ぐらい。

trucker
えっ??マジで??ぼ、僕は……

と、聞いた時に自分の給料をいうのをためらったぐらいです。

どうやら売上やら配達件数、個数で給料に開きが出るようで、運賃の悪い荷主ばかり相手にするとまったくお金にならないと嘆いていました。

その逆もあり、運賃のいい荷主ばかり相手すると給料はめっちゃいいそうです。

こういった仕事はやはりベテランドライバーが持って行くようで、稼げるようになるまでには相当な我慢をしなければなりません。

僕の友達は結局給料の安さに耐えられずその仕事を辞めてしまいました。

そして今では僕と同じ路線ドライバーを別の運送会社でやっています。

営業乗務員の話の中で、めちゃくちゃかわいそうだなと思うことがあります。

日曜日の積み込み作業

はい、しかも給料は0円。

無賃です。

タダ働きです。

trucker
なんでそんなことしてんだよ!!

理由は簡単です。

月曜日の出発時間が間に合わないから。

trucker
朝やればいいじゃん!!

でも彼いわくそういうわけにはいかないそうで、荷物が多いと積み込みに時間がかかってしまいます。

それで朝からバタバタしたくはないから日曜日に積み込みをしているそうです。

でもこれって僕の友達だけではありません。

別の営業所のセールスドライバーも夜、私服で荷物を積み込んでいる姿を目撃したことが何度もあります。

まっ決まって同じ人ですが…。

僕はせっかくの休みに会社へ行き、無賃で仕事は絶対に、ぜぇーーーたいにしたくありません!!

これは体育会系の悪いとこ。

trucker
目を覚ませ!!

自分を犠牲にして働く姿を上司に見せつけることで、そのドライバーは評価される対象になっていきます。

某大手運送会社のセールスドライバーはいつも半袖で仕事をしていますよね。

寒〜い時期でも半袖。

trucker
絶対寒いだろ〜!

と、ツッコミを入れたくなりますよね。

でも、これはただの会社、上司へのアピールなんですね。

なんかこういったやり方に古臭さを感じるのは僕だけかな??

僕はそこまでしなければ上を目指せない会社では働きたくないですね。

時代は変わる、運送会社もそれに合わせて変わらなければならない

トラックドライバーは未だに人手不足、それはやはり働きにくい環境が問題だと思います。

だって寒いから防寒を着て評価されない会社に勤めたいですか??

そんなことで後ろ指を指されるようなおもいをしたいですか??

朝礼で馬鹿みたいにでかい声だして社訓を言いたいですか??

古臭い、古臭い。

全てが古臭い。

そんな無駄なことしないでもっと働きやす環境を整えるべきなんです。

ドライバーがのびのびと、気持ちよく、楽しく。

愛社精神が湧くような運送会社に変わっていかなければいけません。

変な習慣を押し付け、ドライバー縛りつけるようなことをして、忠誠させる時代は終わりました。

こういった運送会社は間違いなくこれからも人手不足に陥りますよ。

最後に一言

まっ色々かきましたが、このセールスドライバー(営業乗務員)は営業することに自信のある方や、仕事の段取りのいい人に向いていると思います。

でも、努力にも限界があることをわかった上で挑戦しなければ自分が損をすることになりかねません。

昔はめちゃくちゃ稼ぐことができた仕事ではありますが、今はそんな時代ではありません。

あまり気張らずに働くことがいいと思います。

スポンサーリンク









関連する記事をランダム表示



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

trucker

現役のトラック運転手という立場から、この職業の働き方を考え、ブログにかいています。無事故14年継続中!!トラックドライバー総合情報サイトブルルでもブログをかいています。