“要領が悪い人”を脱けだす方法!あなたは勘違いして仕事してない?

お疲れ様です。

突然ですがみなさんの会社に仕事の要領が悪い人はいませんか?

もしくは自分自身そう感じている人、きっといるはずですよね。

僕自身、初めてする仕事に対し、自分の過去の経験やスキルから、対処できないことがあります。

結局は、さらに自分よりも経験値の高い先輩に対処方を教えてもらい、結果的にはできるのですが、慣れないことは要領が分からず時間がかかってしまいます。

そして同じ場面がまたきた時に、効率をあげようとしたことが悪い方向へいき、逆に時間がかかってしまうことがありました。

僕が働いている職種、”トラック運転手”でいえば、

10件同じ荷物をそれぞれの場所に配達していく』

という仕事があれば、ベテランと新人、それぞれ同じことをさせても同じ時間には終わりません。

もちろんベテランの方が断トツに早く終わります。


スポンサーリンク


それはなぜかわかりますか?

答えはそう、“経験”が圧倒的に違うからです。

配達する順番、ルート(道)選択、配達の処理、段取りがとにかくいいからです。

今の新人や、要領の悪い人はそこを勘違いしています。

自分が仕事が遅かったのは、

「渋滞してたからだ!」、「お客さんの対応が長引いたからだ!」、「先輩はどうせ運転の時にスピードだしてんだろ?」とか、とにかく自分に非はまったくないと思っています。

ベテランは手抜きをして仕事が早いと思い込んでいるケースも多いです。

(僕の運送会社はこんな人ばかり)

確かに僕自身、今の仕事全てに100パーセントの力は注いでいません。

手抜きをしています。

でも、その手抜きはポイントを絞っています。

そのポイントを分かるには、経験が必要になっていきます。

経験を積まなくてはわかるはずもないのです。

しかし、新人や要領の悪い人は、“変”にそれを真似しようとします。

先輩がやってるから」と、それを当たり前のようにやれば、クレームにもなるし問題にもなります。

だからいつまでたっても要領が悪い人”を脱け出すことができないのです。

ベテランの同じ手抜きでも、時間帯や、その場の空気、人(クレーマーか否か)を瞬時に判断しています。

“要領が悪い人”を脱け出すためにあなたがすべきこと

まず大事なことは、要領が悪く、仕事ができない自分を認めること。

そして、単純な事でもただこなすだけではなく、奥深さを感じながらやりましょう。

すると、経験を積んでいくにつれて、自然に手の抜き所が分かってきます。

最後に一言

いいですか?

要領が悪いままで”手を抜く”のはただ”サボっている”と思われます。

大事なことは経験を積むことで見えてきます。

もちろん、手を抜けない重要なポイントもです。

そこまで分かれば仕事も効率よくでき、“要領が悪い人”を脱け出すことができますよ。

スポンサーリンク









関連する記事をランダム表示



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

trucker

現役のトラック運転手という立場から、この職業の働き方を考え、ブログにかいています。無事故14年継続中!!トラックドライバー総合情報サイトブルルでもブログをかいています。