トラック運転手ならお酒との向き合い方を考えなくていけない

お疲れ様です。

みなさんお酒は好きですか??

僕はお酒が大好きです!!

でも、お酒が好きなトラック運転手は、お酒とはうまく付き合っていかなければなりません。

僕のまわりに、お酒で失敗したドライバーが数名います。

ということで今日のブログは、「お酒」と「トラック運転手」についてかいていきたいとおもいます。


スポンサーリンク


お酒とうまく付き合うことのできないドライバー

酒

過去の話になりますが、僕の身近なドライバーで、飲酒運転で捕まり、免許を失った人がいます。

仕事おわりに居酒屋へ行き、お酒を飲み、近くからだといって飲酒運転をして帰ったんです。

でも、帰りの信号待ちで寝てしまい、警察に捕まりそのまま御用。

もうバカとしかいいようがありません。

その人は引っ越し関係のドライバーをしていたのですが、もちろんドライバーとしては働けず、助手として仕事に参加するようになりました。

もちろん給料もめちゃくちゃ下がりましたよ。

僕らトラック運転手は免許が命

当然ですが僕らは免許がなければトラックを運転することはできません。

運送会社の商品は、トラックと人であり、免許のない人は必要ありません。

なぜなら免許がなければ商品としての価値がないからです。

会社では点呼があり、もちろんアルコールチェックを受けます。

それに少しでも引っかかるようなことがあれば大問題になります。

前日、深酒をしてしまい、アルコールが検出された人も中にはいました。

結果、代わりに休みだったドライバーを呼び、チェンジしたこともありました。

お酒とうまく付き合えなければまわりにも、会社にも迷惑をかけてしまいます。

僕らの仕事は免許が命です。

僕のお酒との向き合い方

飲酒

僕は週末、休みの前日にしかお酒は飲みません。

それがトラック運転手にとって当然のことだとおもっているからです。

次の日の運行まで時間がめちゃくちゃある場合はいいですが、たいした時間もないのにお酒を飲むことなんて絶対にありえません。

少しだから大丈夫だとか、なんの根拠もないお酒の付き合い方はしません。

僕の場合お酒を飲んで寝ると、あまり疲れがとれていないと感じるので飲むのを控えています。

トラック運転手は体が資本ですので体は大事にしなくてはいけません。

前日のアルコールは残さない、体の疲れもできるだけ残さない、これをもっとーにしています。

おわりに

僕らの仕事は肉体労働で、仕事が終わって帰った後に飲むお酒は格別ですよね。

それを楽しみに働くこともいいかもしれませんが、ほどほどにしておきましょう。

僕らのこの仕事はお酒で絶対失敗できない職種です。

考えて飲んでくださいね。

あっ、あと飲酒運転は絶対にダメだし、まわりにそういうことをしようとする人がいたら止めてくださいね!!

スポンサーリンク









関連する記事をランダム表示



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

trucker

現役のトラック運転手という立場から、この職業の働き方を考え、ブログにかいています。無事故14年継続中!!トラックドライバー総合情報サイトブルルでもブログをかいています。