ドライバーの定着率が悪い運送会社!辞める原因は?

去年僕が勤めている運送会社は、ドライバーが10人辞めました。

定着率の悪い会社なのは間違いないです。

辞めていった人たちに話しを聞いてきました。


スポンサーリンク


運行・業務がきつい

僕の勤めている運送会社は、大手の路線会社に入る庸車です。

業務はすべて大型トラックでおこないます。

仕事の内容は店から店への輸送業務です。

雑貨屋さんなので、荷物すべてをバラ積みなんてこともあります。

冬場はまだいいですが、夏場は大汗をかいて熱中症にもなりかねません。

長距離に関しては、九州から関西の往復便なんて寝る暇が全然ないです。

ただ給料はいいです。

人間関係がうまくいかない

辞めていった人の中では、人間関係に悩んで辞めていく人もいました。

僕の印象ですが、トラックドライバーって我の強い人が多いと思います。(僕は協調性を大事にしています)

配車担当と揉め、定期から外されて辞めていった人もいれば、同じ会社のドライバー同士で揉めて辞めていった人もいました。

それと、定期に入れば同じ荷主と毎回顔を合わせなければなりません。

荷主の中にはトラックドライバーのことを下に見ている荷主もいます。

そんな態度をとられたら怒って当たり前だとは思いますが、人間関係をうまくやることも仕事のうち。

そー思って乗り切るしかないです。

今の運送会社より給料の高い所を見つけた

僕の勤めている運送会社は給料は高いです。

しかし、上には上がいます。

いい会社があればその会社に行く。

当たり前のことですね。

実際に僕も前の運送会社を辞めた理由はこれです。

番外編、事故を起こして逃げた

トラックドライバーは事故を起こしたら、トラックの修理代を一部負担しないといけない場合が多いです。

そんな中で新人が事故を起こして逃亡しました。

会社が新人を訴えて近々裁判があります。

運送会社には弁済を求める権利がありますので、訴えられたら終わりです。

事故を起こしても逃げるようなことはしたらだめです。

まとめ

給料が高くても運行がきつければ人は会社を辞めます。

お金以上に大事なものがあるんです。

でも結局みんな別の会社で同じようなことをやっていますけどね。

スポンサーリンク









関連する記事をランダム表示



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

trucker

現役のトラック運転手という立場から、この職業の働き方を考え、ブログにかいています。無事故14年継続中!!トラックドライバー総合情報サイトブルルでもブログをかいています。