完全にアウト!ブラックな運送会社で働いた思い出

今月にもらった給料は手取りが約37万円でした。

地場の大型トラック運転手ではいい給料だと思います。

今現在勤めている運送会社もブラック企業??ですが、以前働いていた運送会社は完全にアウト!どす黒いところだったのです。


スポンサーリンク


ブラック企業に入った経緯

運送会社でしか働いたことがほぼない僕は、トラック運転手10年目にして大型免許をとることにしました。

これからずっと運転手として働くのであれば、大型トラックに乗りたいという願望もあったと思います。

無事に大型免許を取得して、入社する運送会社を決めようと、求人誌を買って眺めていました。

気になる会社を見つけては、ホームページでどんな会社なのかを調べました。

そして、1つのブラック企業と出逢うことになってしまったのです。

思えば面接の時からブラック企業を見た!!

a0790_000157

電話をして面接をしてもらいうことになりました。

仕事内容、給料に関しての説明がありました。

仕事内容はs川のターミナルからターミナルの輸送でした。

以前アルバイトでs川で働いていた経験があるので自分には持ってこいだと思いました。

面接も無事に終わって入社が決まり、横のりがありますが、そこで事件が起きました!!

最初の2日は給料が出ないと言われました。

理由を聞けば、入社してもすぐ辞める人が多いから、この2日間で辞めるなら辞めてくれとのこと。

社服もボロボロなやつを渡されて驚愕しました。

そして付け加えるかのように、横のり中に辞めたら給料は払わないからと、契約書を書かされました!

努力して早く一人前になり、稼いでやるぞ!と意気込んでいました。

今思えばこの時点で辞めておけば良かったと後悔しています。

横のりが終わらない!そしてとんでもないことが!

仕事はs川で働いていたこともあるので割りと早く覚えることができました。

大型トラックの運転もすぐに感覚を掴んで乗りこなすことができました。

1週間ほどで先輩社員から一人立ちのオーケーをもらいました。

しかし、それからなんと1ヶ月経ちました。

ちなみに横のり期間中の給料は6000円です。

やってられないと思いましたが、横のり中に辞めれば給料を払わないという契約書が邪魔をして辞めることができませんでした。

そこからさらに半月我慢をして、ようやく一人立ちできることになりました。

しかし、その後、驚愕の言葉を聞くことに。

横のりが長引いたから一年間日当2000円引いていくよ」と。

マジでありえない、、、。

なぜ、一人立ちすぐさせてくれなかったのか問うと、

トラックが無かったから」

と言われました。

開いた口が塞がりません。

僕の能力不足ではなくて、そっちの都合じゃん。

一人立ちしたタイミングが先輩運転手が辞めた時だったのでおかしいと思いました。

抗議しましたが、じゃ辞めてくれと言われ、しぶしぶその条件を飲むことに。

でもまだ僕は頭のどこかでガンガン稼げることを期待してました。

一人立ち後、仕事が無い!!

なんてこった。

本当に毎日死にたくなりましたよ。

日当、4500円が1週間連続。

まだ横のりしてた方が給料が良かった。

あまりにも仕事が無かったので長距離トラック運転手としてデビューすることにしました。

これで安定した給料を家に持って帰れる。

そう期待することは僕のただのわがままでしょうか??

やっぱりブラック企業。最低の日々が待ち受けていました。

長距離を走って給料が手取り17万!

泣きました、本当に泣きました。

後悔しました。

早くこの運送会社を辞めることができなかった自分を呪いました。

少しでも家にいれるお金を増やしたくて、ご飯は1日1食、お腹が空いた時は水をがぶ飲みしました。

満たされることはありませんでしたが、安い給料で家族に迷惑をかけた分努力しました。

これできっと嫁さんの安心した顔が見れる。

そう思っていたのに、、、。

給料が安い原因は、僕に安い運賃の仕事ばかりを振っていたからでした。

一般の長距離輸送は安いから給料つけらんないと言われました。

高速の使用を禁止され、頑張って眠たい目をこすりながら走りました。

連続で38時間運転したときもありました。

配車係から言われたことは「16時間運転したらチャート紙替えてや」の一言だけ。

チャート紙替えたら体がリセットされると思いこんでいます。

自分の体が限界を感じた時、嫁さんから会社を辞めるようにお願いされました。

もちろん了承しました。

辞めると伝えた途端に手のひらを返す

辞めることを伝えて退社日も決まりました。

即日にでも辞めたかったけど、大人として2週間待つことに。

その間は稼がせてもらえました。

所長も家にまで来て謝ってくれたり、新車に乗せるから辞めないでくれだの。

しまいには将来は所長になってくれだのバカげたことを言っていました。

最初からこんな待遇であれば辞めなかったんだけど、、、。

でも未練はありませんでした。

ブラック企業を退社したその後

以前一緒に働いていた同僚に誘われ、今の運送会社に入社しました。

繁忙期は寝る暇がないくらい働いています。

しかし、給料はブラックな運送会社の頃より倍以上もらっています。

ブラック企業で働いて学んだこと

求人に嘘ばかり掲載している可能性がある。

会社に違和感を感じたらまわりに相談する。

ブラック企業はどこまでもブラック、思いきって辞めるのも勇気。

最後に一言

トラック運転手として働くことは過酷ですが、僕はこの運送会社に最上級の理不尽さ、過酷さを感じました。

ブラック企業か否かは実際に働いてみないとわかりません。

ブラック企業と判断できればすぐにでも退社した方がいいでしょう

スポンサーリンク









関連する記事をランダム表示



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

trucker

現役のトラック運転手という立場から、この職業の働き方を考え、ブログにかいています。無事故14年継続中!!トラックドライバー総合情報サイトブルルでもブログをかいています。