まるで長距離運転手のような生活、家族に会えば感動!!

どうも!

福岡を中心に大型トラック運転手として働いているトラッカーです

僕は長距離運転手ではなく、地場で働く運転手です。


スポンサーリンク


毎日帰れるが特権の地場運転手なのに、、、

帰れないんです。

先週は4泊5日でした。

実際帰ろうと思えば帰れるのですが、仕事が終わって次の仕事までが6時間後、みたいな状況が続いていました。

会社から家までの往復1時間はかかります。

少しでも体力の回復を考え、トラックで寝ることを選択しました。

後半の2泊はお風呂に入ることすら諦めました。

あっ!

でもボディーシートを使い体をケアしましたよ!

時間が無いトラック運転手には必需品ですね!

久々に家に帰る時は感動する!!

僕にはまだ幼い子供が2人います。

自分の命以上に大切な存在です。

つらい労働環境の中で、この存在は僕の中でとても大きいです。

家に帰れない時はいつも頭に子供達の笑顔が浮かびます。

だから、久々に家に帰れば感動します。

子供達も僕が帰ってくることを喜んでくれています。

しかし、子供達が今より大きくなって、僕に寄りつかなくなった時は長距離運転手に転向します。(寂)

最後に一言

家族の存在が僕にとって大きな支えになっています。

生活面では嫁さんに感謝しています。

嫁さんの協力がなければ僕の”トラック運転手としての生活は成り立たないでしょう。

スポンサーリンク









関連する記事をランダム表示



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

trucker

現役のトラック運転手という立場から、この職業の働き方を考え、ブログにかいています。無事故14年継続中!!トラックドライバー総合情報サイトブルルでもブログをかいています。