梅雨が明けたら本格的に夏!トラック運転手はキツい時期

お疲れ様です。

九州は梅雨入りしました。

さて、ついにトラック運転手にとってキツい時期が到来します。

夏の作業は大変だよ~(*_*)


スポンサーリンク


暑さでキツさが倍増

毎年夏が来る度に辞めたくなります。

トラックを降りて、荷台の扉を開けるだけで汗をかいてしまいます。

積み込みが終われば着替えて、降ろし終われば着替えて、1日に何度も積み降ろしがあるときは着替えがめちゃくちゃいります。

時にはズボンまで汗でぐっしょり、なんてことも。

引っ越し屋さんをしていた頃は、靴下まで濡れていました(笑

階段作業は地獄です。

もう二度と夏場の引っ越し屋さんをすることはないでしょう。

普段はキツくない作業も気温の違いでこれでもか!ってほどキツくなります。

僕は冬場の方が好きですね。

暑いと熱中症に注意

熱中症

毎年誰かが熱中症になっています。

僕は大型トラックで仕事をしていますが、s川関係は特に熱中症には注意したいですね。

一気に積んで、一気に降ろす。

荷台にずっと閉じこもっての作業です。

無理はしないようにしたいですね。

僕の会社では塩飴や、塩のタブレットを置いていて自由に持ち出すことができます。

食べれば熱中症の予防になりますので、会社に用意されていなければ自分で用意したいですね。

最後に一言

ただでさえキツい仕事であるトラック運転手は、夏場は本当に地獄です。

結構会社を辞めていく人が多くなる時期ですね。

あっ!着替えはエチケットです!必ず汗をかいたら着替えましょうね~。

スポンサーリンク









関連する記事をランダム表示



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

trucker

現役のトラック運転手という立場から、この職業の働き方を考え、ブログにかいています。無事故14年継続中!!トラックドライバー総合情報サイトブルルでもブログをかいています。