過去5年!路線ドライバーを目指して入社した40代の生存率!

どうも、路線ドライバーのtruckerです。

僕のやっている仕事は、手積み手降ろしのハードな仕事内容です。

だから給料はそれに比例し高く、高収入を得ようと40代でも路線ドライバーの門を叩いてくる方が非常に多いです。

もちろん元々トラックドライバーの方や、未経験の方の両方ともいらっしゃいます。

まー、家庭があってある程度年齢を重ねていけば、お金は必要になってくるわけで、それに合わせた仕事を探せば僕のやっている路線ドライバーが初めに目はつくのではないのでしょうか??

あっ!!

ちなみに仕事内容は関連記事を参考にしてください!

路線ドライバーに必要な技術や知識とは?+【佐川と西濃】どっちがいい?

2017.02.25

タイトルにある生存率というのは生きるか死ぬかではありません。

入社して会社に残っているか残っていないかです。

さて、皆さん、どれぐらいの40代の方が生き残っていると思いますか??

ちなみに過去5年で入社した方は、僕が覚えている限り15人ほどいます。

もちろん1人立ちした方もいれば、1日で会社を辞めた人も含まれています。


スポンサーリンク


答えはぁ!!?

 

 

 

 

ガラの悪いチンピラおっさんただ1人

 

 

 

 

そう、たった1人です。

真面目な人は残らないで、こういう雰囲気読めないようなダメ野郎は残るんですよね〜。

1人立ちした人た方はチンピラ含め全部で4人。

でも、チンピラ以外は3カ月持たず辞めてしまいました

みんな腰が痛いという理由で辞めちゃいました(笑)

てか、こういう仕事は腰痛とうまく付き合っていかなければいけないので、それが理由で辞めるのもどうかと思うのは僕だけかな??

今いる他のドライバー達、当然僕もですが腰痛は持っています。

でも、そこはうまく付き合いながら仕事しているんですけどね。

そんなことで辞めるような人、根をあげるような人は僕がやっているような仕事は向いていませんねー。

それにしても僕の勤める運送会社はよく新人はいってくるなー。

でも、全然育ってねー。

ということで生存率は6.66%ということです!また人の出入りがあればご報告します!!

 

スポンサーリンク









関連する記事をランダム表示



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

trucker

現役のトラック運転手という立場から、この職業の働き方を考え、ブログにかいています。無事故14年継続中!!トラックドライバー総合情報サイトブルルでもブログをかいています。