人として終わってるヤツらはそこら中にいる

人として終わっている

お疲れ様です!

トラック運転手のtruckerです。

この「トラック運転手」という職業をやっていると、本当にいろいろな人と出会います。

いい人もいれば、人として終わっている人もいます。

ちなみにここでの人としての終わっているという意味は、常識のない、モラルのない、人の気持ちを考えることができない、無責任、そういう人たちのことを指します。

僕は小さい頃から親にこう言われて育ってきました。


スポンサーリンク


「行動、発言をする前に人の気持ちを考えなさい」

自分が行動を起こすことで、傷ついたり悲しんだり、軽く言った言葉に責任がのしかかったりすることもあるでしょう。

最初は考えながら行動していましたが、時が経つにつれて自然に身につくようになっていました。

それが、常識であり、モラルなりをつくっていっていると僕は考えています。

大人になって社会へ出た今、そのことが身についていない人はそこら中にいます。

結局当たり前のことを当たり前のように求めても、その人にとっては当たり前ではないので拒否反応がおこり通じることがありません。

求めること自体が無意味で時間の無駄だと思ってしまいます。

ではどうするか??

その人として終わっているヤツにこちらが合わせることになります

それがもし10人のグループとして、1人がそういう行動に出るならば、周りもそれに合わせるしかありません。

でなければ、常識やモラルを持って仕事に取り組んでいる人が馬鹿を見るんです

僕の運送会社にもこんな人として終わっているヤツがいっぱいいます。

僕もそいつらに合わせて仕事をすることが多いので時に自分を見失いそうになるんです。

今僕はこうなりたくないという信念が揺らいでいます。

ストレスなく仕事をこなすには自分がまず腐り、人として終わってしまえば楽になるんですけどね。

常識、モラルにとらわれて戦うことは今の世の中にあった生き方ではないのかもしれません。

10年20年、50年後の日本はどうなっているんだろう??

スポンサーリンク









関連する記事をランダム表示



1 個のコメント

  • お疲れさまです。
    いつも楽しく読ませて頂いてます。
    私も親に同じ事言われてました…
    どうかその信念!貫いて下さい…
    お子様達に引き継いで下さい!
    よく見かける光景があります…
    スーパーの駐車場の♿のスペース…
    子供連れの30代か40代の家族が堂々と駐車してました…
    他にも沢山駐車するスペースあるのに…
    こんな時、かなりガッカリします…
    そして出来るだけその方達をずっと見てます!無言の抗議ですが…
    車を動かす方も居ればそのままの方も…
    恥ずかしながら…声をかけることは出来ません…
    私も同じなのかもしれませんね…
    そしていつも思います。
    あ〜ここの家の子供さん…可哀想に…
    親が残念で…と
    私達には子供は居りませんが、甥姪達にはしっかり教えてます!
    あんな大人にはなっては駄目だと!
    お手本になる様な大人でありたいと思いますね。
    お仕事頑張ってください。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    trucker

    現役のトラック運転手という立場から、この職業の働き方を考え、ブログにかいています。無事故14年継続中!!トラックドライバー総合情報サイトブルルでもブログをかいています。