トラック運転手としてヒッチハイクのあり方に疑問を感じた

ヒッチハイク

お疲れ様です、トラック運転手のtruckerです。

本日は地場ドライバーながら泊まりで仕事をしています。

夕方から運行をして、次の日の昼まで走っていました。

高速道路上のPAに仮眠するために寄ったのですが、そこで迷惑なヒッチハイカーに出会ったので書いていきたいと思います。


スポンサーリンク


僕のカレー代返せ!!

トラックを駐車して昼ごはんという名の晩御飯を食べようと食堂へ向かいました。

すると遠目から見ても明らかに怪しい人物が1人ウロウロしていました。

身なりはギターを抱え、裸足、頭にタオル、ロン毛にヒゲ、年齢は30代後半、お世辞にも綺麗な格好とは言えません。

まっ、僕もトラック運転手をして15年目、数々のヒッチハイカーを見てきた者としては想定の範囲内の格好でした。

通りすがりに見ていると、一般の方に声かけをしていました 。

食堂で僕は窓側の席に座り、その様子を見ながらカレーを食べていると、そのヒッチハイカーがギターを抱え食堂の中へ!!

すると突然歌い叫びだす!!!

「みんな!俺の目を見てくれ!俺は悪人じゃない!(じゃららーん♪)左手でできることは右手でできるー♪」

その後ヒッチハイクの理由を音楽に乗せて語っていました。

聞けば、旅の途中でバックを盗まれてお金もなく、ヒッチハイクで最終地点は分かりませんが帰っているようでした。

だからって多くの人がご飯を静かに食べている中で、突然叫んだり歌ったり、今までの人生で一番迷惑なヒッチハイカーでした。

僕のカレーを食べているスプーンも止まり、気分が悪くなったのでカレーを残しトラックに戻りました。

そしてブログを書いています。

ヒッチハイクをするのは自由だけど人に迷惑をかけるな

別に僕はヒッチハイクをすることを否定してるわけではありません

ただ、ヒッチハイカーの身勝手な理由で気分を悪くし、怒りがこみ上げてくる人もいることを知ってほしいです。

今回のヒッチハイクの理由がバックを盗まれたことだと言っていましたが、だからと言って帰るにはその方法しかないのかと疑問に思います。

家族や友人に助けを求めることはできなかったのか?

そのヒッチハイクという選択は、大人としてのベストな選択だったのでしょうか??

僕は違うと思います。

自らの「バックを盗まれる」という失態を赤の他人にケツを拭いてもらおうなんて考え自体甘いでしょう。

ましてやギターで歌い叫び、決して切羽詰まった状況にも見えません。

歌い叫ぶ自分に酔いしれ不幸をアピールし、

「こいつ、狂ってるかも…。」

という恐怖さえ抱いた人もいたと思います。

カレーを食べながら後ろで叫ばれ、ギターをかき鳴らされた僕の身になってほしいです。

ヒッチハイカーへ伝えたいこと

僕も今回のことがきっかけでヒッチハイクのことについて色々調べてみました。

効果的な車の止め方や、コツ、色んなブログを見ました。

どれも、面白半分でとか、ノリとかバカな理由でやっていました。

ヒッチハイクで何を掴んだか知りませんが、他人を巻き込むな。

ヒッチハイクをするメリット??

他人に迷惑かけて生きてんじゃねーよ。

ヒッチハイクするぐらいなら歩け!!

あてもなく歩いて歩いて歩いて歩いて、靴底すり減らした方が何か掴めるんじゃないの?

最後に一言

食堂で他のお客さんのヒソヒソ話が聞こえてきました。

ヒッチハイクしたいならトラック運転手に頼めばいいのに」

って。

イヤイヤ、あんたたちトラック運転手はアッシーじゃないんだから…。

バカにしないでよ。

ちなみに同乗者は保険も聞かないので乗せるわけにはいかないの!

僕は絶対乗せないから!!

スポンサーリンク









関連する記事をランダム表示



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

trucker

現役のトラック運転手という立場から、この職業の働き方を考え、ブログにかいています。無事故14年継続中!!トラックドライバー総合情報サイトブルルでもブログをかいています。