人に自分の運送会社を紹介しない5つの理由

2016年まだ始まって約2ヵ月ですが、すでに3人の社員が辞めていきました。

そのことで会社の上司に人を紹介してくれと言われました。

僕は運送歴10年以上あります、そしてそれなりに他の会社のトラックドライバーとの繋がりがあります。

それでも僕が自分の運送会社に人を紹介することはありません。


スポンサーリンク


僕の運送会社はまじで過酷

僕は大型トラックの地場ドライバーですが、そんな僕でも家に帰れないこともあるし労働時間も長い時が多いです。

長距離ドライバーの中には一年に2、3回しか会わない人もいます。

長距離の運行は寝る間もない便ばかりです。

給料は他の運送会社よりいいですが、命をかけてまでやる仕事じゃないです。

配車係りが悪い

配車係りが人の足元をみるような配車しかしません。

過酷な運行でもさらっと追加の配車を入れてきます。

個人的に気に入っている社員には、稼げるコースを回して他の社員から不満をかっています。

人を紹介してもただのコマとして扱われることが目に見えています

事故を起こしたら責任を感じる

もし自分が紹介した人が事故を起こせば人生を狂わせることになりかねません。

あの時誘わなければ、、、。

なんて思いたくないのです。

ましてや配車が過酷なので事故を起こす可能性が高いです。

安心して働ける環境であれば紹介したいのですが。僕の運送会社はそれと程遠いです。

自分の顔に泥を塗られたくない

新入社員の多くは紹介で入ってきます。

中には常識はずれな行動をとる人もいます。

紹介してくれた人の顔で仕事が出来ているのにそれを分かっていません。

突然辞めたり、事故を起こして音信不通になった人もいます。

そのたびに紹介した人には冷たい視線がいきます。

僕はこんな思いはしたくないです。

他の運送会社の方がいい

僕は大型トラックのドライバーの傭車です。

現在トラックドライバー事態が不足に陥っています。

働こうとおもえば大きな路線会社の自社ドライバーになれるチャンスはいくらでもあります。

僕は自社便に入りたいです。

しかし、取引先の会社からの転職は簡単ではありません。

運送会社未経験の人だったら自社ドライバーを目指したほうがいいです。

給料や待遇が全然ちがいます。

まとめ

どこの運送会社も厳しい状況ですが、タイミングが合えばいい運送に就職することは可能です。

スポンサーリンク









関連する記事をランダム表示



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

trucker

現役のトラック運転手という立場から、この職業の働き方を考え、ブログにかいています。無事故14年継続中!!トラックドライバー総合情報サイトブルルでもブログをかいています。