【お金を稼ぐこと=幸せ】とは僕は思わない理由

お疲れ様です。

今日は僕の人生観のお話。興味なければスルーしてくださいね!!


スポンサーリンク


お金を稼ぐことは幸せじゃない!

「お金があれば、好きなものを買えるし、美味しいものも食べられるじゃん。」

確かにそうですね。

僕だって現在の職業、『大型トラック運転手』はお金を多く稼ぐためになりました。

自分の仕事以上のことをして、今年は年収550万ぐらいはいきそうです。

現在僕は30代前半です。

世の中の30代前半の平均年収は450万も満たない中で、これだけ稼いでいれば幸せな方だと思います。

でも、僕はある意味幸せで幸せじゃないのです。

金を稼ぐ=欲深くなる

金を稼ぐってことと欲は比例すると僕は考えています。

実際にお金を稼げば稼ぐ程、あれが欲しい、これが欲しいという欲求が増えていきます。

そして、それを手に入れた時の快感が癖になり、また次の”モノ”が欲しくなるんです。

それは”幸せ“とは違います。

欲求=ストレス=不幸せ

自分が手に入れたいと願った時、そこにあるのは、自分が手に入れてないというストレスです。

金を稼げば稼ぐ程にそのストレスは増していくでしょう。

欲があるから仕事を頑張ることができる、ではなくて、

欲があるから仕事に縛られる

のです。

僕は現在”車”が欲しいです。

値段は約400万円します。

車は自己満足の世界です。

金を稼いでそれを買い、僕は幸せになれるのでしょうか?

【金を稼ぐ→金を使う→幸せ】は勘違い

人によって幸せの価値観は違いますが、【金を稼ぐ→金を使う→幸せ】は勘違いだと思います。

ただその欲を満たした時の快感を幸せと勘違いしているだけです。

そして、また次の快感を求め、ストレスを抱えるでしょう。

金を稼いだって幸せにはなれないのです。

“金を稼ぐこと”と”幸せ”を結びつけるには

簡単です。

それは人の幸せを願うのことです。

僕の場合は家族の幸せを願っています。

嫁さんと子供、大切な家族のために頑張って金を稼ぎます。

長距離のトラック運転手はまさに家族の幸せを願う職業

長距離運転手をやっていればなかなか家に帰れません。

僕の働く運送会社でいえば、年収600万は越えます。

家族をもっている人ばかりです。

家に帰れないので、トラックの中で生活をしています。

ただ家族は安定した給料で安心して暮らせます。

最後に一言

稼ぐことは悪いことではありませんが、金、金になっていくと大切な”モノ”を見失うよってこと

以上トラック運転手の戯言でした。

スポンサーリンク









関連する記事をランダム表示



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

trucker

現役のトラック運転手という立場から、この職業の働き方を考え、ブログにかいています。無事故14年継続中!!トラックドライバー総合情報サイトブルルでもブログをかいています。