僕はトラックドライバーの代表的社畜、自分の時間なんてない

お疲れ様です!!

社畜トラックドライバーのtruckerです。

僕にはまったくと言っていいほど自分の時間がありません。

別にそれを不幸だとは思いませんが、仕事、そして家族のために自分の人生の時間をそれに費やしています。

他のトラックドライバー仲間からは、

同僚
よくそんな生活やってるねー
同僚B
大変だねー

とか、言われ飽きるほど言われてきました。

でも、ごく稀に自分の時間を得ることがありますが、特に何もすることもなく、ただボーッとしたり、ブログをいじくってみたり

trucker
別にこんな時間いらないかなー

なんて思っています。

仕事で拘束されている時間は、家族のため、生活のために絶対必要なことですし、自分の時間を得るために仕事を変えようとか思うこともありません。

でも……


スポンサーリンク


僕には趣味も何もない

つまらない人生かもしれません。

特に好きな音楽、アーティストもいないし、みたい映画や、テレビドラマもありません。

もちろんお笑いや、そういうエンタメ系にも心揺さぶられることもないです。

家族が行きたいところがあれば連れて行って、一緒に楽しむことはありますが、自分が行きたいとこや、やりたいことはまったくないんです。

誰か友達と遊ぶこともない、飲みに行くこともない、たまに電話で生存確認をする程度。

そこから何か約束をしたり何かに発展することも、自分自身、めんどくさいと思い、それを望んでいません。

家族はかけがえのない大切な物。

なにものにも比べることはできないし、全てを優先すべきもの。

それさえあれば自分の時間なんて本当にいらないんです。

それでも僕はただの社畜

そんな大切な家族がいながらも、僕はトラックドライバーとして、ただの会社の社畜です。

何かあればすぐに駆り出されるし、プライベートな時間を会社が与えてくれません。

使われるだけ使われて、まー、給料は多くもらってますが、身体が動かなくなったらきっと、ゴミクズのように捨てられるでしょう。

それは間違いないことで、事実、そういう先輩ドライバーを見てきました。

身体が資本のこの仕事。

年齢を重ねていけば使い物にならなくなることは明らかです。

それでも、ギリギリ、そうギリギリまで頑張って働き抜くしか僕には選択肢はないんです。

ブラック企業だろうがなんだろうが、そうやって生きることしか僕にはできません。

人格を無視したような配車も、屈辱的なおもいをしながらも、馬鹿なフリしてやっていくだけなんです。

最後に一言

僕はトラックドライバーの代表的、典型的な社畜です。

でも、本当に給料だけはいいので今もこうやって働いています。

いつかこういう生活にピリオドを打つ日が来ることでしょう。

その日が来るまでずっともがき続けるだけ……。

そんな人生でしょう。

スポンサーリンク









関連する記事をランダム表示



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

trucker

現役のトラック運転手という立場から、この職業の働き方を考え、ブログにかいています。無事故14年継続中!!トラックドライバー総合情報サイトブルルでもブログをかいています。