僕の運送会社にも新型プロヒィアや納車された【感想】

新型プロフィア

お久しぶりです。

僕の運送会社は大型トラックをメインとして業務をこなしています。

トラックは日野、いすゞ、FUSO、とあるのですが、つい先日新型の日野、

つまりプロヒィアが納車されました。

おきまりのセリフ、

trucker
社長、こいつに乗せてくれ!

と、僕も頼みましたが、それはあっけなく却下されてしまいました。

僕みたいなまだまだペーぺが新型なんて不釣り合いだし、先輩方が当然先ですよね。

でも、やっぱり乗ってみたいという衝動はあるわけで、それでも少しだけ乗せてもらうことができました。

この新車をもらった先輩の中には僕と親しい先輩もいて、その人に頼んだのです。

少しの時間でしたが乗ってみた感想をかいていきたいとおもいます。


スポンサーリンク


新型プロヒィアレビュー!!

まず見た目。

とにかくカッコいい。

デイライトのLEDの存在感が半端ないです。

人によって感じることは様々だとおもいますが、僕はどのトラックよりも新型のプロヒィアがナンバー1だとおもいます。

まだまだたくさん走っているわけではないので、見慣れていないせいからそう感じるだけかもしれません。

テールランプもシンプルで、バックランプも一緒になっています。

余計なのがついてない、本当にシンプルでカッコいいです。

 

乗れる人、乗っている人が羨ましいですね。

 

 

次に内装ですが、ドアを開けた瞬間、そこに広がるのはグランドプロヒィアとはまったくの別の世界が広がっていました。

ご存知の方は多いとおもいますがパーキングブレーキがインパネから生えています。

すごく違和感はありますが、そのおかげで運転席の左隣りがガラ空きになり、ベットに移動しやすいです。

ミラーの格納スイッチも元のグラプロの灰皿部分に移動していました。

でも、スイッチが小さいので押しづらいです。

まぁ、しょっちゅう押すものでもないしこれでいいでしょう。

 

 

エアサスのコントローラーは運転席の右下においてありました。

特にケースなどもなく、ただ置いてあるだけ。

これは非常に残念です。

何かしらのケースが今後付くとおもいます。

 

 

ハザードはインパネ部分に移動していました。

これも慣れるまで四苦八苦しそうです。

 

 

ベットが以前に比べてフカフカになっていました。

グラプロの寝台はとにかく固かったですが改良されています。

長距離運転手、トラックで寝泊まりする方にはありがたいですね。

僕も寝てみたい。

 

 

そういえばインパネの上部がフラットになっていました。

そして何やら溝のようなものが、、、。

どうやらその溝はスタンドになっていてそこにタブレットや携帯をはめて置くことができます。

タブレットスマホを置くためにスタンドをつけている人は多いですが、新型プロヒィアではそれは必要なさそうです。

 

 

最後にシート。

一番いいシートがついていたのですが、むちゃくちゃ座り心地がいいです。

グラプロと比べ物になりません。

シートベルトもシートから直接出ています。

つければ体にフィットしてまったく痛くありません

包み込まれている、そういう印象を受けました。

終わりに

以上、少しですが新型プロヒィアの感想をかいてみました。

こんなトラックに乗れる人はマジで幸せものですよ。

そうそう、デイライトですが、あれは消すことはできないので寝るときも点灯したままになります。

結構眩しいので個人的には消せた方がいいとおもいます。

スポンサーリンク









関連する記事をランダム表示



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

trucker

現役のトラック運転手という立場から、この職業の働き方を考え、ブログにかいています。無事故14年継続中!!トラックドライバー総合情報サイトブルルでもブログをかいています。