一度、死のうと思ったことをおもいだした

今日はいつも通りに起き、妻、子供たちとありふれた、どこにでもあるような日常を過ごしていた。

でも、お昼になり、僕の携帯がなった。

主は僕が昔働いたことのある職場の人。

その着信をみて、自分自身に起きた過去の出来事が頭をよぎりました。

理不尽に暴力を受けたこと、顔に落書きをされ、隔離されたこと、ひたすら、むきだしのコンクリートにハンマーで小さい釘を打てと指示され、手が血まみれになるまでやらされたこと。

それをみて笑われたこと。

本当に地獄のような日々を過ごしていました。

誰にも相談できずに、ただ一人で悩み苦しんで。

長い期間ではないけれど、3ヶ月間はそうゆう日々を過ごしていました。

苦しかった、死にたかった。

でも、それと同時にそうやって僕に暴力をふるった人たちに復讐したいという気持ちも強かった。

ある時マンション、確か10階以上はあったと記憶してるんだけど、その足場にて暴力をふるわれた。

いつもどおり殴る蹴る。

ヘルメットはしていたけど、電動工具で殴られ、頭への衝撃は凄かった。

もちろん痛みもあった。

気をぬけば10階以上から転落する、殺される、本当に恐怖を感じていました。

でも、暴力を受けながらもこんなことを思った。

もし、これで僕が転落して死んだらこいつどうなるんだろうって。

復讐のチャンスだった。

でも、結果として僕は落ちなかった。

死のうと覚悟して寸前のところでおもいとどまった。

それは、妻のお腹の中に赤ちゃんがいたから。

ありきたりですが、死のうとおもった時、妻のこと、赤ちゃんのこと、家族のこと、僕に愛情を注いでくれた人たちの顔が浮かんだんです。

死ねなかった。

そのあとも、長く苦しい日々は続いたけど、結果、今、僕は幸せにいきている。

電話に出て世間話をし、今の現状を話しました。

子供のこと、向こうが聞くから400万する車を買ったこと、毎月50万以上稼いでいること。

相手は悔しそうにしていましたよ。

僕を人として見下していたのに、その相手がはるかに満たされた生活をしているから。

多分もう連絡がくることはないでしょう。

あの時できなかった復讐完了!!

ざまぁぁーーーー!!


スポンサーリンク


告白

じつは僕、建築関係に3ヶ月、身をおいたことがありました。

あのころ、自分がトラックドライバーしかしたことがなくって、手に職をつけたいとおもったんです。

そこで選んだのが建築関係の仕事でした。

でも、現実は甘くありませんね。

大人になって初めてイジメを受けましたよ。(笑)

心に大きな傷を追いましたが、これも一つの社会勉強。

一つ言えるのはイジメはダメです。

よく討論でいめられる側にも問題があるなんて意見もあるようですが、だからといってイジメていい訳ないんです。

イジメはダサい、かっこ悪い。

それにしても、僕をイジメた相手は年収400万も全然いかないっていってたな〜。

お金が全てじゃないとは思うけど、てめーの人生それでいいのかよ。

まっイジメをするようなやつはロクでもない人生送るんだろーけど、本当にダッセーわ!!

スポンサーリンク









関連する記事をランダム表示



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

trucker

現役のトラック運転手という立場から、この職業の働き方を考え、ブログにかいています。無事故14年継続中!!トラックドライバー総合情報サイトブルルでもブログをかいています。