トラガール、佐々木梨乃様に伝えたい言葉【作戦3】

佐々木梨乃

神様……僕に勇気をください。

僕って肝心なところで勇気が出ないんです。

どうしても一歩踏み出すことができなかったんです。

読者
何のこっちゃ??
trucker
みなさんあたたかく見守ってください。

スポンサーリンク


心構えはできていた

ブルルでブログを書くようになってからずっと気になっていた存在、それは同じトラックドライバーのやまるさん、そして佐々木梨乃さん。

やまるさんは僕と同じでブログで顔出しなどしていないので、これから先会うことはないのかなと思っています。

でも、佐々木梨乃さんにはいつか、そう、いつの日かお会いする機会があるのではないのかと思っていました。

トラックはボルボで目立つし、見たら一発で分かる自信がありました。

もし見かけたら、同じブルルで連載をもっているもの同士、挨拶はしなくちゃと思っていました。

いや、しなくてはいけないんです。

でも……

その日は突然やってきた(7/31)

僕は九州道を上っていた、いつも通りだった。

スキャニングクルーズを使い音楽をガンガンかけて走っていた。

本当にいつも通りだった。

スキャニングクルーズで前方にいるトラックとの車間距離がモニターに表示された。

95、85、70、車間距離が縮まるとそれに合わせてトラックが減速する。

trucker
よし!前のトラックを抜こう!

車線変更をして気づいた。

トレーラーだった。

ナンバーを見たらどっかで見たことのある数字だったんです。

まさか!

と思いました。

そしてそのトラックはボルボ。

ブルルや、ツイッターで見ていたボルボそのものでした。

トラックを抜いたあとそれは確信に変わりました。

ミラーに2つ電飾がついていたんです。(インスタで確認済み)

キターーー(゜∀゜)ーーーー!!!!!!

梨乃様だ!!

とりあえず抜いたから僕はあなたのファンだよーの意味を込めてハザードを焚こう!!

そう思いました!!

でもなぜか左手が動かなかったんです。

ダメだぁ…………。

見知らぬトラックにそんなことされたら、梨乃様が警戒してブレーキを踏むかもしれない。

僕ごときが梨乃様のペースを乱してはいけないんだ。

次なる作戦へ

この先にパーキングがある!!

トラックを止めて、思い出に動画を撮ろう!!

そして、ツイッターにあげてご挨拶しよう!!

そして、僕はあなたのファンです。

そう伝えよう!!

パーキングにトラックをとめ、僕はスマホを握りしめ急いで撮影できそうな場所に移動しました。

きた!きた!!きたぁーーー!

ってすぐトラックを点検するふりをしちゃう僕……。

ダメだぁ……。

梨乃様はトラック運転手のアイドル、そしてブルルのイメージガールなんだ。

同じブルルでブログを書いているとはいえ、さすがに僕ごときがそんな気軽に動画を撮っていいわけないじゃないか。

自分にゲンコツだぁ!!

次なる作戦2へ

よし!!

こういうまわりくどいのは嫌われる。

シンプルにいこう!!

ツイッターで「お仕事お疲れ様です!!今日見かけました!!」ぐらいで挨拶しておこう。

ツイッターを開いて、さぁ梨乃様へつぶやこう。

文章も書いた。

シンプルで当たり障りのない文章だ。

これなら間違いな…………ダメだぁ〜〜。

梨乃様は運転中なんだ。

もし、万が一これがキッカケで意気投合してやり取りするようになったら大変じゃないか!!

僕には大切な家族もいるしhdjfgcmvk………とにかくダメだ!!

ましてや梨乃様は運転中だ!!

僕ごときがお仕事の邪魔をするわけにはいかないんだ!!

次なる作戦3へ

ということブログにてご挨拶!!

って届くかな??

届けばいいなー。

佐々木梨乃様へ

毎日お仕事お疲れ様です。

同じトラック運転手として、たくましく働くあなたの姿を見て励みになっています。

今日はあなたのトラックを見てすごくワクワク、そしてドキドキし、さらにあなたのファンになりました。

いつかまた会える日を楽しみにしています。

その時にはちゃんと合図を送りますね!!

そして一緒に走りましょう!!

それでは安全運転で。

あっ、あとブルルのブログ更新楽しみにしています!

お互い頑張りましょうね!!

トラガール佐々木梨乃のブログ~Soul to Soul~

スポンサーリンク









関連する記事をランダム表示



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

trucker

現役のトラック運転手という立場から、この職業の働き方を考え、ブログにかいています。無事故14年継続中!!トラックドライバー総合情報サイトブルルでもブログをかいています。