トラックに家族の命を奪われた

家族

トラックドライバーは底辺職じゃねーよ!!!!

2016.03.01

運んでるだけですよね?

誰でも出来るから底辺なんです。

知能が低いんですよ、二時間以上運転してると知能が低下するのは知らないんですか?

犯人はのうのうと生きていますよ。人を殺しといて……

トラックに命を奪われた家族より


スポンサーリンク


コメントが届きました

こういう専門的なブログを運営していると結構いろいろなコメントをもらうことがあります。

例えばどこどこの運送会社は人殺しだ!

とか、トラック運転手はアホだのバカだの本当にいろいろなコメントが届くんです。

まっ、そんなコメントは承認しませんけど……。

運んでるだけですよね?誰でも出来るから底辺なんです。

誰でも出来る??

何言ってんの??

この仕事はそんな甘くないですよ。

実際、トラック運転手に転職してきた多くの人が、働く環境の悪さから仕事を辞めていっています。

結局その人達も運ぶだけとか、運転するだけとか、簡単に思っている人達ばかりでした。

コメ主さんは何も分かっていませんよ。

誰でも出来るから底辺??

世の中そんな仕事ばかりじゃないんですか?

コメ主さんがどんな仕事をしているのか知りませんが、自分の仕事と僕らの仕事を比較して自分が特別な存在なんだと思っているなら勘違いですよ。

この世に特別な仕事なんてないんですよ。

医者も弁護士も、パイロットや芸能人、警備員やコンビニの店員、そしてトラック運転手、みんなに必要とされているからあるんですよ。

それがその人に合ってたというだけで、それが特別なんて………。

本当に情けない。

コメ主さんのいう底辺ではない仕事って何ですか??

その人達に僕らの仕事ができますか??

あなたにはできますか??

ハッキリ言いましょう。

あなたには無理です。

できるわけありません。

知能が低いんですよ、二時間以上運転してると知能が低下するのは知らないんですか?

毎日2、3時間の自動車の運転で脳にダメージ

見ましたよ。

ていうかあなた日本語ちゃんと読めますか??

理解できますか??

車を運転すること自体で知能が低下するわけではありませんよ。

長時間座りっぱなしであることが問題なんでしょう?

確かに疲労やストレスで認知する能力は衰えるかもしれません。

でも、認知力衰退と身体活動不足との関連性があると研究されていますが、僕らは運転だけしてるわけじゃないですから。

しっかり身体を動かしているので運動不足ではないです。

犯人はのうのうと生きていますよ。人を殺しといて……

だからトラック運転手を恨んでいるんですか??

ご家族が亡くなったことは気持ちをお察しします。

犯人は警察に捕まっているのでしょうか??

もしそうであれば犯人にはこれから一生をかけて罪を償わなければなりません。

それでもコメ主さんは許せませんよね。

僕もコメ主さんの立場であれば許すことはできないでしょう。

でも、だからと言って人の仕事を底辺だの言うもんじゃないですよ。

ましてや僕のブログ、トラック運転手のブログにこんなコメントを書き込んで……

少なからずとも僕は傷つきました。

この記事を公開すればもっと傷つく人がいるかもしれません。

でも、トラック運転手は底辺ではありません。

それだけは分かってください。

終わりに

最近ずっとブログを更新していませんでした。

なんか全てにやる気がおきず、気持ちも落ち込んでいました。

でも、このコメントをもらった時、ブログに書かなきゃって思ったんです。

コメ主さん、いろいろひどいことを言ってすいません。

人は生きていれば辛いことや苦しいことはあるものです。

ありきたりな日常を過ごしていて、いきなり奈落の底に落とされるようなことも起きてしまいます。

この記事の終わりに、ご家族が亡くなったことについてコメ主さんの気持ちが和らぐような言葉を探しました。

でも、僕にはそんな言葉を綴ることができませんでした。

僕は無能です。

でも、出来ることは一つ。

これからも事故を起こさないこと。

そしてプロドライバーとして荷物と人の命を守り続けること、これしかできません。

だからこれからもこのブログを通して事故の恐怖などを訴えていきたいと思います。

コメ主さんのような悲しい思いをする人がいなくなるように。

スポンサーリンク









関連する記事をランダム表示



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

trucker

現役のトラック運転手という立場から、この職業の働き方を考え、ブログにかいています。無事故14年継続中!!トラックドライバー総合情報サイトブルルでもブログをかいています。